バイクを初めて購入する初心者ライダーへ まず考えるべきは盗難対策!

今日はバイクを初めて購入する初心者ライダーの方へ少しお話しがあります。

バイクを購入して、まずツーリング用品やジャケットなどに気が向くのも分かります。

私もそうでした。

しかし、まず考え無ければならない事は

バイク盗難に関してです!

近年バイク盗難被害にあわれている方は非常に多いです!

盗まれる時は突然です!

あなたの大切なバイクが窃盗団に狙われてしまった時、

「初心者ライダーのバイクだからもう少し盗まないであげよう!」

なんて待ってくれる窃盗団はいません!

今日はバイク盗難に関して、少し考えてみたいと思います。

あなたは大切な愛車(バイク)を守るために、どういった盗難対策をしていますか?

ちゃんと盗難対策に意識を向けて、しっかりと行っているでしょうか?

「ハンドルロックに、ワイヤーロックやU字ロックだけ!」

って事はないですか?

だとしたらかなりヤバいです!

ハンドルロックも、ワイヤーロック・U字ロックも、簡単に破壊されてしまうからです。

しかも、「ただワイヤーロックをバイクのホイールに掛けているだけ」

なんて盗難対策は、

はっきり言って何の盗難対策にもなっていません!

窃盗団が数人で行動します。

そのままバイクを担いで、車に乗せられて持って行かれしまいますよ!

想像してみて下さい。

朝ツーリングへ行こうと思い、駐輪所へ向かいます。

「今日はどこへ行こうか?」

「どの道を走って行こうか?」など、ウキウキしながら駐輪所へ向かってみると、

「・・・ん!」

「・・・・・・んんっ!!」

「・・・えっ!・・・ない!!」

「バイクがない~~!!!!」

何が起こったのか理解できず、ただその場に呆然と立ち尽くす・・・。

昨日までそこにあったはずのバイクが無くなっていたらどうします?

盗まれてしまってから後悔しても、後の祭りです。

あちこち探し回っても見つからない

「もっとしっかしと盗難対策しておくんだったぁ~」なんて後悔の連続

警察にお願いしても特に何も動いてくれない

身を切られる様な思いになり、仕事も手に付かない。

一度盗まれてしまったバイクは、ほぼ帰って来ません。

たまに「盗まれてしまったバイクが戻って来た!」

と言う記事を目にしますが、

ほぼ奇跡に近いです!

もし海外で見つかったのならば、手続きなどかなり面倒です。

そうならないためにも、

もっと盗難対策に意識を向ける必要があるのではないでしょうか?

今日はバイクの盗難対策について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

どんな奴が盗む?

それでは、どんな奴がバイクを盗むのでしょうか?

それは大きく分けて2つに別れます。

まず1つ目は『乗り回す事が目的』

主に、『暴走行為』『走り屋』『乗るだけ乗って乗り捨てる』

など、暴走行為を目的にバイクを盗む泥棒!

暴走族や、やんちゃな若い泥棒です。

このページでは【族さん】と言っておきます。

もう一つは『盗んだバイクを売る事が目的』

こちらはもう【プロの窃盗団】です。

窃盗団に本気で狙われたら、

残念ですがバイクを守る事は難しいでしょう。

窃盗団はプロを言うだけあって、ほとんどのロックを簡単に破壊出来ます。

破壊出来ないロックはほぼ無いといっていい位に!

なので、窃盗団に狙われない様につねに気を付ける必要があります。

どんなバイクが良く狙われるのか?

『プロの窃盗団』が狙うバイクはと言うと、やはりお金になりそうなバイクです。

ハーレー等のアメリカンスタイルのバイクや、

SS(スーパースポーツ)

現在では旧車などの、プレミアがついていそうなバイクも狙われる様です。

モンキーなど、人気のある車種も狙われる!

『族さん』が盗むバイクは、やはりネイキットタイプのバイクが多い様です。

その他小型バイク

有効な盗難対策は無いのか?

ここで有効な盗難対策は無いものか?考えてみたいと思います。

まず、当然ですが1つのロックを使用しただけの盗難対策はダメです!

必ず複数の強力なロックを組み合させて対策する必要があります。

ワイヤー・チェーンロックを使用する

ワイヤーロックを使用する時は、必ず太さ16mm以上の物を使用する事!

16mm以下だと簡単に切断される。それ以上だともう少し切断されるまで時間を稼ぐ事が出来ます。(窃盗団に狙われた時は時間稼ぎにしかなりません。ほぼ無力です。)

続いてチェーンロックを使用する場合ですが、ワイヤーロックより強力ですが、

同じく窃盗団に狙われた時は時間稼ぎにしかなりません。

しかしこのチェーンロックには、現時点では最強と言われるロックがあります。

それは【キタコ ウルトラロボットアームロック】

キタコ(KITACO) ウルトラロボットアームロックHDR-8 880-0816080

こちらのロックは、本当に良く研究されて作られていると思います。

以前フジテレビ系の番組『ほこ×たて』で

【どんな物でも切れるカッター

VS 絶対に切れない防犯チェーン】

で対決した事で有名なロックです。

この放送を見られた方ならば、このロックがどれだけ頑丈なチェーンロックなのかお分かりだと思います。

こちらのキタコロックに関しては、以前の記事

【バイク盗難対策 最強ロック!キタコ ウルトラロボットアーム!!】

こちらの記事で詳しくご紹介しているので、是非ご覧ください!

これらのロックを使用して、

前輪・後輪共に『地球ロック』をする!

地球ロックとは何か?

地球ロックとはその名の通り、地球とロックするという事です。

主に簡単に外れないもの、頑丈そうな柱やガス管などの破壊できそうも無い物にバイクをつないでロックするという事です。

GPS端末

位置情報システムですね!

万が一バイクが盗まれてしまっても、自分のバイクが何処にあるのか?

GPS端末で確認する事が出来るというシステムです。

今では様々なGPS端末が出ていますが、その中でも私がおすすめしたいのが、

ホームセキュリティーで有名な『セコム』が提供しているサービスの1つ

【ココセコム】です!

こちらのサービスは、位置情報確認する事出来るだけでなく、

バイクが盗まれてしまった時、セコムの緊急対処員による現場急行サービスを受ける事が出来ます!

いざと言う時、心強いです!

こちらのサービスに関しては、以前の記事

【ココセコムがなぜバイク盗難対策に必要か?気になる料金について解説】

で詳しくご説明していますので、是非ご覧下さい!

しかし窃盗団に狙われた時、GPS端末が付いているかチェックされ、取り外されてします可能性があります。

そうすると、バイクの異常にいち早く気付く事がダッカン出来るチャンスとなりますので、

やはり常に気を付ける必要があります!

アラームなどの警報機は有効なのか?

アラームなのどの警報機は有効なのでしょうか?

『族さん』には有効かもしれませんが、

残念ながら、高価な物を含めて、窃盗団にかかれば簡単に解除されてしまいます。

しかし、複数取り付ければ有効かもしれません。

それだけ解除するのに時間がかかるため、盗むのを諦める可能性もあります。

アラーム付きロックと言うと、私が現在使用しているのが、

【バイスガード】というロックです。

MITSUBA(ミツバサンコーワ) ガードッグ バイスガード2 with アラーム オレンジ BS-003D

こちらは、フロントブレーキレバーを引いた状態でロックする事により、フロントブレーキを掛けた状態でロックする事が出来ます。

角度センサーが付いていて、バイクの角度が変わるとアラームを発動させる仕組みになっています。

持ち運びに便利な大きさなので、ツーリング先にも持って行く事が出来ます!

こちらの【バイスガード】に関しては、以前の記事

【バイク盗難対策に絶対おすすめ!バイスガード2!!】

で詳しくご説明していますので、是非ご覧下さい!

バイクの気配を消す!

人通りの多い道路沿いにバイクを置いていたり、

バイクカバーをかけずに置いていたりしていると、バイクが人目につきやすくなります。

窃盗団は下見をしています。

もしあなたのバイクが、今窃盗団が狙っているバイクと適合した時、

早ければその日の内に盗まれる可能性があります。

必ずバイクカバーを使用して下さい。

シャッター付きガレージを利用する事も、バイクの気配を消すためには有効な手段の一つです。

しかし、

シャッター付きガレージの中にバイクを保管しているから大丈夫!

というわけではありません!

シャッターと言うのは、簡単に中を確認する事が出来る様です。

シャッター付きガレージでも、バイクカバーは必要になります。

常に気を付ける

これまで幾つかの盗難対策をご紹介して来ましたが、

それぞれ1つだけではダメです!

幾つも組み合わせて対策する事がとても大切です。

全部やったとしても、プロの窃盗団にかかれば盗まれる可能性もあります。

なので、今まで何回も言って来ましたが、

常に気を付て下さい!

自宅に帰る途中、もしかしたら窃盗団に後を付けられているかもしれません。

ツーリング先で宿泊する時も同様です。

後をつけられている様ならば、道を変え様子を見る等、確認する必要があります。

下見をされているかもしれません。

下見をされた様な感じがするのであれば、バイクを直ぐに移動させる。

とにかく常にバイクに異常が無いか気を配る必要があります。

バイクのカスタム、ジャケットやバックなどのツーリング用品にお金をかける事も大事ですが、

まず一番に考えなければならない事は、

いかに自分のバイクを守るか!

という事です!

バイクが無ければ何も始まりません。

これからバイク購入を考えられている初心者ライダーの方!

是非とも【バイク盗難対策】について、深く考えて見て下さい!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
feedly

feedlyで定期購読できます

follow us in feedly
にほんブログ村

⇩ ランキングにご協力下さい ⇩

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です