2017/05/14

南紀白浜 とれとれ市場のマグロ解体ショーは 見応え抜群!絶対見るべし

 
まぐろ解体ショーの写真

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

魚介類の宝庫、和歌山県の南紀白浜には、

海鮮マーケット『とれとれ市場』があります。

その規模はなんと西日本最大級!

 

新鮮で旨い魚貝類を『食べる』『買って帰る』はもちろんの事。

和歌山県の特産物なども取り扱っています。

 

食べる・買うだけでなく。

見て楽しむ事も出来る!

 

熟練の職人さんによる『マグロ解体ショー』は一見の価値ありです!

 

スポンサードリンク


 

総敷地面積15,000坪!マンモス海鮮マーケット!

とれとれ市場(正面玄関)の写真

県道33号線を走っていると、

その巨大さから迷う事なく行きつける『とれとれ市場』。

総敷地面積は15,000坪と、マンモス級の海鮮マーケットです!

 

駐車場だけでも『普通車777台』『大型バス70台』も駐車する事ができる広さ。

広大な駐車場の写真

これだけ広い駐車場が必要なほど、お客さんが集まってくるというのだから、

めちゃくちゃ面白そうな所ですね!

 

屋外施設

屋外施設にはソフトクリームをはじめ、

よくサービスエリアにある『ファーストフード店』が立ち並んでいます。

場外にあるファーストフード店の写真

こちらで食べているだけでも十分満足できる規模です。

 

正面玄関からみて右側には『海鮮バーベキュー』が出来る施設まで完備!

海鮮バーベキュー施設の写真

施設内で販売されている食材を買い込んで、

海鮮バーベキューを楽しむ事ができます。

 

場外にいるだけでもお腹いっぱいになりそう~(笑)

 

魚介類はもちろん お土産物も充実の店内

ショッピングモールの様な店内の写真

正面玄関から店内に入ると、すぐの所は「魚!魚!」って感じではなく、

まるで『ショッピングモール』みたいです。

 

和歌山の特産物をはじめ、色々なお土産物が販売されている。

見て回っているだけで楽しくなります。

 

あちこちで試食を置いてあるので、それだけでお腹がふくらんでくるかも・・・(笑)

 

ここだけ見ると市場といった感じはしませんね。

正面玄関入ってすぐの写真

 

そこから奥進むと、やはりここは市場!

新鮮な魚介類の宝庫です!

 

新鮮で安い・旨い 魚介類の宝庫

新鮮な魚介類を見ながら、市場内を歩いているだけでも楽しいですよ!

四方八方 魚介類だらけ!!

 

午前中(前半)は比較的空いているので、のんびりと散策・買い物ができます。

 

■『ハマチ』『キンメダイ』

ハマチとキンメダイの写真

 

■『カニ』『エビ』『貝』

カニの水槽の写真

 

■『伊勢海老』『クツエビ』

伊勢海老、クツ海老の写真

幻の伊勢海老と言われる『クツエビ』が売られている!

とるのが非常に難しい希少なエビだとか。

 

味は伊勢海老よりも旨いという噂もありますが、どうでしょう?

食べた事ないですけどね・・・(笑)

 

■『ホタテ』

ホタテの写真

ホタテ旨そうですね~

海鮮バーベキューにして食べます?^^

 

上を見ても魚!

上を見ても魚づくしの写真

 

まだ生きている『カニ』『エビ』など見ていると、ちょっとした水族館ですね(笑)

っていうか、普通に大きな水槽もある。

巨大な水槽の写真

 

午前中(前半)くらいまでは、人も少なくのんびり買い物ができますが、

昼近くなってくると大勢の人が押し寄せ、

活気づく市場に変わります。

 

人酔いする人は、午前中(前半)までに来るのがおすすめ!

 

見応え抜群の『マグロ解体ショー』

まぐろ解体ショーの写真

正面玄関から入って、そのまま真っ直ぐ行くと『マグロコーナー』があります。

ここで行われる『マグロ解体ショー』!

 

まぐろを手際よく解体していく包丁さばきは、

まさに職人技!

タイミングが合えば是非見ておきたいものですね。

 

場内アナウンスが流れ、『マグロ解体ショー』が行われる事を知らされる。

放送された直後、『マグロ解体ステージ』の前には沢山の人が集まってきます。

 

バナナのたたき売りの様に、饒舌な口調で説明しながら解体してく職人さん。

まぐろを解体していく職人さんの写真

 

素早く、手際よく解体されていく『マグロ』。

一見簡単そうに見えて、素人では到底マネできない技の数々。

まじかで見学できるなんて貴重ですね!

 

解体された『マグロ』はその場で切り売りされます。

切り出されたばかりのまぐろ(中とろ)の写真

 

ちなみにこの時『あたま』は500円でした(笑)

職人さんの頭よりデカい!

(まぐろ)の頭の写真

今回解体された『マグロ』は、

『パプアニューギニア産/65キロ』でした。

 

とれとれ市場【基本情報】

  • 【運営】堅田漁業協同組合
  • 【住所】〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521
  • 【電話】 0739-42-1010 / 0120-811-378
  • 【FAX】0739-43-2553
  • 【営業時間】8:30 ~ 18:30(延長の場合あり)
  • 【定休日】不定休
  • 【駐車場】無料 (大型バス70台/普通車777台)
  • 【Web】とれとれ市場ホームページ

 

まとめ

今回初めて見るマグロ解体ショーに衝撃を受けました。

職人さんの可憐な包丁さばきに、周りで見ているお客さんは釘付け!

トークも面白いしとても楽しめました。

 

簡単そうに見えるけど、素人が到底出来る技ではない。

ホント貴重な体験ができます。

 

スポンサードリンク


 

⇩ よろしければシェアお願いします ⇩

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です