2017/04/04

スマホホルダーおすすめ!バイクに最適なMINOURA(ミノウラ)製!!

 
スマートフォンホルダー

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

今回はツーリング中にあったら便利なアイテム

スマホホルダーのご紹介をします!

 

あなたはツーリングに行くとき、目的地までのルートをどのようにしてたどって行きますか?

 

■タンクバックの窓から地図を見る

■ナビをバイクに取り付けて地図を確認する

■ポケットやバックからスマホを取り出して現在地と目的地までのルートを検索する

■その辺にいる人に聞きながら行く

■気の向くまま方向だけを頼りに行く(笑)

 

最後の二つはツーリングへ行ってノッテきたら楽しいかもしれませんね(笑)

私もたまにやります^^

 

しかし、ほとんどの人は最初の3つではないでしょうか?

タンクバックに入れる地図は持って行くとしても、

■現在地確認をしたい時

■道に迷ってナビゲーションが欲しくなった時

■目的地まで早く着きたい時

 

頼りになるのはやはりスマホですよね!

 

最近のスマホの地図アプリは高性能な物が多く、ほとんどバイク専用のナビを買う必要がなくなってきています。

 

そんなスマホ

地図を検索したり現在地確認したい時に、

いちいちポケットやバック取り出すのってかなり面倒じゃありませんか?

結構ツーリングの最中にスマホを取り出したりする動作は多いです。

もし道に迷ったりした時にはなおさら多くなり、

焦ってくるとあやまって大切なスマホを落として壊してしまうかもしれません。

 

そんな時にバイクのハンドル付近にスマホを取り付け出来たらどんなに便利でしょう!

 

という事で

今回は面倒なスマホの出し入れを極力少なくし、快適にツーリングライフを送るためのに必要なアイテム!

スマホホルダーのご紹介をしたいと思います!

 

スポンサードリンク


 

スマホホルダーを選ぶ最低限のポイント

スマホホルダーをインターネットで検索すると、かなりの数があります。

どれをどう選んで良いものか、実際迷います。

 

ではその選ぶべきポイントを見ていきましょう!

 

金属製のマウントクランプの物を選ぶ

マウントクランプ部分(バイクのハンドルに取り付ける部分)

プラスチックやベルト式だと、

バイクが走っている時に折れたり、外れたりする可能性が高いです。

 

実際、私の知り合いでプラスチック製を購入して、走行中に折れてしまった人がいました。

ツーリングの最中に折れてしまったら、テンション下がってしまって楽しいツーリングが台無しです。

金属製のマウントクランプの物を選びましょう!

 

汎用ホルダーを選ぶ

機種変更などで、サイズの違うスマホ(画面の大きい物・小さい物)に変更した時に、

今まで使っていたスマホホルダーにホールド出来なくなってしまって、

いちいちスマホホルダーを買い替えるのって、

経済的にも悪いし、めんどくさいですよね?

 

調整が利き、大型でも小型でも取り付ける事が出来る物を選びましょう!

 

とにかくしっかりホールド出来る物を選ぶ

走行中にスマホ本体をホールドしている部分が緩んできて、

スマホが外れて飛んで行ったりしたら、もう大変です!

 

しっかりとホールド出来る信頼性の高い物を選ぶ様にしましょう!

 

防水仕様じゃ無いスマホの方は?

今のスマホは、ほとんどが防水仕様になっています。

しかし、初代のスマホなどは、防水仕様になっていないスマホもあります。

 

そんな防水仕様じゃないスマホをお持ちの方は、操作性は少し落ちますが、

カバー付きのスマホホルダーを選ぶと良いでしょう!

 

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー

そして、

おすすめしたいスマホホルダーは

 

 

 

 

安心の国産メーカーで、小型~大型のスマートフォンまで対応しており、iPhone6はもちろんの事、付属の延長アームを使用すればiPhone6 Plusにも対応しています。

何といってもホールド感が半端ないです!

結構、手で持って振ってもズレないし、バイクに装着して、路面の悪い所を走ってもズレるといった事もなく、抜群のホールド感!さすがMINOURA(ミノウラ)さんですね^^

 

そしてシリコンゴムが付いているので、さらに安心感があります。

シリコンゴム付き

 

大小のサイドフックが2種類あり、この二つを付け替える事で2段階の高さ調節が可能になり、スマホの厚みが最大6ミリ~18ミリまで対応出来ます。

サイドフック小

サイドフック大

大小のサイドフック

 

 

ホルダー本体後ろのネジを緩める事で、上下にアームを動かく事が出来、スマホに合わせて、好みの位置で調整する事が出来ます。

アーム収納時

アームを開いた時

アームを止めているネジ

 

 

下アームを延長アームに付け替える事で、最大163ミリまでのスマホを装着でき、iPhone6 Plusにも対応しています(延長アームは位置調整は出来ません)。

延長アーム2

延長アーム

 

 

角度調整板があるので、9度ごとにマウントクランプに対して角度を調節する事ができ、スマホを好みの角度にする事が出来ます。

角度調整板2

角度調整板3

角度調整板

 

 

横取り付けアダプタを使用する事で、スマホを出来るだけ前に引き寄せたいのか、逆に遠ざけたいのか、好みの位置に調整する事が出来ます。

横取り付けアダプタ2

横取り付けアダプタ3

横取り付けアダプタ

 

 

クランプ式なので、工具を使用する事なく簡単に脱着する事が出来ます。

しかも金属製なので折れる可能性が減り安心です!

クランプ式

クランプ式2

 

 

『[iH-220-S] Sサイズ』はハンドルやバーホルダー(ハンドルに取り付けるスペースがない時に使用するブラケット)のサイズが22ミリ~29ミリまで対応可能です。

 

 

それ以上のサイズのハンドルやバーホルダーの場合は『[iH-220-M] Mサイズ』を使用する事により、28ミリ~35ミリまで対応可能です

 

 

スマホホルダーは探せば1,000円を切る商品もありますが、走行中に外れたり、ぐらつくといったり、マウントクランプ部分がプラスチック製で走行中に折れてしまったりする事を考えると、

やはり今回ご紹介した『MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-220]』クラスのスマホホルダーを最初から買っておいた方が、

安物のスマホホルダーを買って走行中に折れてしまったり、

外れてしまって大事なスマホを壊してしまう事を考えると、

絶対得だし、後々不要な出費を抑える事にもつながります。

 

バイク用のナビを買う事を考えると、かなり安いアイテムです!

 

MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー 本当におすすめです!

 

お買い上げの際はこちらから!

 

下記のリンクをクリックしてお買い上げ下さい!

 

ハンドルやバーホルダーのサイズによって2種類あります。

 

取り付けるハンドルやバーホルダーのサイズが

22mm~29mmの方はこちら

 

 

取り付けるハンドルやバーホルダーのサイズが

28mm~35mmの方はこちら

 

※お買い上げの際は、

実際にハンドルやバーホルダーの外径を計ってからお買い求め下さい。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

■道に迷って現在地確認をしたい時

■目的地まで早く着きたくてナビを使いたい時

■絶景スポットに遭遇して、スマホで写真を撮りたくなった時

 

スマホホルダーがあれば、

ポケットやカバンからいちいちスマホを取り出さずに済むので、

かなり便利になります!

 

ナビにもなるし、

これまで以上に快適にツーリングを楽しめる事は間違いありません!

 

高価なナビを買う事を考えると、そんなに高いアイテムでもありません。

是非一度お試し下さい!

 

走行中のスマホの操作は絶対にやめましょう!

最後に大事なお話しですが、

 

バイクや自転車運転中のスマホの操作は

安全運転義務違反【法第70条】の対象になり危険です!

 

走行中のスマホの操作は絶対にやめて下さい!

スマホを操作する時は、安全な所に停車してから操作しましょう!

 

スポンサードリンク


 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です