2017/03/31

GIVIタンクバック用 一眼レフカメラ収納に最適なインナーバック!!

 
インナーバック(アイキャッチ用)写真

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

ツーリングに出かけるなら、タンクバックがあると便利!

前面、手元にバックがあるだけで、何かと便利になる。

 

以前、ビンディングの様に簡単に脱着する事が出来る

GIVI タンクロック XS307をご紹介しました。

GIVI(ジビ) タンクバッグ XS307 タンクロック XSTREAM 93803

 

タンクバックにしては大容量だし、脱着もスムーズでとても便利なタンクバックです!

 

これだけ大きいタンクバックだと、一眼レフも収納出来るので、

走っている最中に絶景スポットの巡り合った時、

即座にタンクバックから一眼レフを取り出し、

撮影する事も出来るのでとても便利です!

 

しかしバックの中に、そのまま一眼レフやレンズ、その他付属品を入れたりすると、

走っている最中にタンクバックの中で一眼レフや、その他付属品が接触し、

大切な一眼レフが傷ついたり、壊れたりする可能性もあります。

 

タンクバックを開けた瞬間、そんな事になっていたしすると、

テンション下がってしまいますよね?

 

そこで今回ご紹介したいのがこちら!

【GIVI カメラ用インナーバック】

GIVI(ジビ) タンクバッグ用インナーバッグ カメラ用 T508 90720

インナーバックの中はクッション付いているし、

同じくクッション付きの仕切り等を個別に仕切る事が出来るので、

大切なカメラ等を傷つけたり壊したりせず、安心して持ち出せる様になります!!

 

今日は『GIVI カメラ用インナーバック』を

詳しくレビューしていきましょう!

 

スポンサードリンク


 

『GIVI カメラ用インナーバック』はこちらのバックに適合します

このインナーバックは、下記バックに適合します。

 

GIVI タンクロック XS307

GIVI(ジビ) タンクバッグ XS307 タンクロック XSTREAM 93803

 

GIVIタンクバッグXS312

GIVI(ジビ) タンクバッグ XSTREAM 容量可変タイプ(13~18L) XS312 91557

 

GIVIシートバッグXS316

GIVI(ジビ) シートバッグ XSTREAM /容量35L XS316 91366

 

 

セット内容

 

セット内容

セット内容の写真

■インナーバック本体

■仕切り(大・中・小)各1個

■ショルダーベルト

 

コンパクトでシンプルなデザイン

タンクロックに入れた写真

 

コンパクトでブラックの外観

いたってシンプルな感じのカメラ用バックです。

 

そのコンパクトでシンプルなデザインのバックですが、

一般の方が一眼レフで撮影するために、必要最低限な物が十分入ります。

 

優しいクッション付きの内部構造

クッション付きの内部構造の写真

 

カメラの破損、キズ付きを防止するため、内部構造はクッションで優しく保護する構造になっいます。

安心して一眼レフなどの高価なカメラをツーリングに持ち出す事が出来ます。

 

しかも専用の仕切りが、大・中・小と3枚用意されていますので、

ご自分のカメラや、付属品の大きさ、形に合わせて仕切る事が出来ます!

 

仕切りは、マジックテープで引っ付ける構造になっています。

 

カメラ用バックとしても十分使用可能!!

タンクバックのインナーバックとしてだけではなく、

このインナーバックだけで、カメラ用バックとしても十分使用出来ます!

 

見た目は小さいですが、十分な量が入るので、

バイク以外で撮影に行く時などにもおすすめです!

 

後日写真を掲載します。

専用のショルダーベルトが付属されているので、

持ち運びにも、とても便利です!

 

セパハン仕様のバイクの使用について

セパレートハンドルの写真

 

セパハン(セパレートハンドル)仕様のバイクだと、ハンドルの位置がバーハンドルに比べて下になるため、前傾姿勢になります。

そのため、タンクバックのインナーバックとして使用する時

あまり手前(自分に近い方)に物を詰め込み過ぎると、胸がつかえて運転に支障が出る場合があります。

 

大きい物を手前に入れないと言う写真

 

カメラなどの大きい物は前側(自分より遠い方)に入れるようにして、

手前側は小物を入れる様にした方が良いでしょう。

 

最後に

GIVIタンクバック(XS307・XS312) シートバック(XS316)をお持ちなら、

今回ご紹介した『カメラ用インナーバック』を使用する事が出来ます。

 

このインナーバックを使用する事で、大切なカメラをキズや破損がら守る事が出来、

安心してツーリングに持ち出す事が出来ます。

 

専用の仕切りも付いているので、整理整頓するという観点でも得点が高いですね!

 

普通にカメラ用のバックとしても使えるので

カメラを持ち歩く事が多い方にとっては、

重宝する事間違いなしです!!

 

スポンサードリンク


 

 

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2016 All Rights Reserved.