水越・竹之内峠 ツーリング!2時間で回れるショートコース!

祈りの滝
スポンサードリンク

ツーリングと言っても、何も遠くまで行く事だけがツーリングではありません。

とは言っても、バイクで会社・学校への通勤・通学時は、

さすがにツーリングとはいえませんね!

 

しかし、通勤中、特に帰る時なんかに、

 

「今日はちょっとこっちの面白そうな道から帰ってみよう!」

 

など、走る楽しさを味わっているのならば、

それはもうツーリングと言えるでしょう!

 

結構さがすと、自分の家の近くでも面白いスポットや道ってあるものです。

近すぎて見えないってヤツですね!

 

私の家の近くの山には、

大阪と奈良の県境にあたる『水越峠』『竹之内峠』という峠があります。

 

その二つの峠を結んで、大阪側からと奈良側から走る

 

『水越・竹之内峠周回コース』

 

という周回コースがあります。

(私がかってに名付けました(汗))

 

日曜日など、休みが一日しかなく、あまり時間のない時に良く走るコースで

だいたい道が空いている時で、一周2時間もあれば十分回れるコースです!

 

今日は『水越・竹之内峠周回コース』をご紹介します!

 

スポンサードリンク

 

大阪府側からスタート!!

大阪府側からスタートしたとして、

■『水越峠』から先に超えていくか?

■『竹之内峠』を先に超えていくか?

どちらの峠を先に超えていくかで、2通りの楽しみ方があります。

同じ周街道でも、逆から走ればまた感じが変わるものです!

 

今回は『水越峠』を先に超える事にしましょう!

 

府道27号線

 

府道27号線

 

石川河川敷から『太子町』『河南町』『千早赤阪村』の民家や田園風景の中を抜け、

『国道309号線』に抜けるルートです。

途中に、大阪芸術大学や、ワールド牧場などがあります。

 

国道309号線

国道309号線2 国道309号線

309号線に入ると、いよいよ『水越峠』を目指すワインディングロードに入ります。

この辺りはもう『千早赤坂村』です。

 

309号前沿いに 謎のドクロ!?

珍しい物と言えば、何度かテレビでも報道されていましたが、

大きな『ドクロ』を飾ってある謎の白い建物が道沿いにあります。

R309ボーンズショップ

 

この大きな『ドクロ』が目印の建物!

R309ボーンズショップ2

実はこちらR309ボーンズショップといって、

スカルをアレンジしたアクセサリーや、お守り、インテリア用品の販売から、

占いなども出来るショップであるという事です!

店内では、コーヒーなどのドリンクも楽しむ事が出来ます。

 

しかし、残念ながら現在は休業中だという事です。

 

また開店したら、興味があるので行ってみたいです^^

 

水越峠・水越トンネル分岐点

0014

しばらく走ると、上の写真を見れば分かりますが、

右側へ行くと『水越峠』へ行く道(旧国道)になります、昔はこちらの道しかありませんでした。

左側へ行くともう見えていますが、『水越トンネル』を抜けて奈良へ行く道があります。

この二つに別れていて、どちらに行っても奈良に抜けて同じ場所に出ます。

 

■峠の方へ行くと、少し道が狭くなります。(途中『祈りの滝』があります。)

■反対にトンネルの方へ行くと、快適に速く奈良へ抜けます。

 

今回は『水越峠』の方へ行く事にしましょう!

 

『水越トンネル』が出来て以来、水越峠へ続く道は旧国道という事になりました。

『酷道(こくどう)』とまではいきませんが、アスファルトの整備もされていなく、ガタガタの細い道で、少し走りにくい道になってきています。

 

季節によってはあまり人も来ないし、

上の方まで来ると廃道の様な感じがして、何となく不気味な感じがします。

交通量はかなり少ないですが、

ハイカーなどの山に入る事が目的の方、山菜つみをされる方が、

よく道端で車を路駐させています。

 

祈りの滝 甘くて美味しい名水水汲み場!

祈りの滝

『水越峠』を越えると、奈良方面へと下り坂になります。

そしてしばらく走ると、

名水水汲み場で有名な『祈りの滝』と言う、小さいですが綺麗な滝があります。

 

この滝のすぐ手前に名水水汲み場があって、

少し甘味のある美味しい名水が湧き出ています。

 

今はこの道が旧国道となって寂れてしまい、

ここに訪れる人も少なくなってしまいましたが、

昔は多くの人がここを訪れ、名水をもらうために並んだものです。

 

出店も出ていた様な気がしますねぇ~(私の記憶では・・・)

 

実は心霊スポット?

そしてもう一つ!

この『祈りの滝』

実は名水よりも有名な事があります。

 

それは、心霊スポットとしても有名だという事です!

 

いつからそんな事になったのか?

聞く所によると、滝の流れ落ちる音に交じって女の人の声が聞こえるとか、

女の人の幽霊が出るという事です。

 

私も知らなかったのですが、

この日帰ってから色々『祈りの滝』に関してインターネットで検索してみると、

心霊スポットとか出てくるではありませんか!?

 

この日行った時は、そんな事になっているとは全然知らなくて、

のんきに滝の前で、

「マイナスイオンやぁ~」

 

とか思いながら深呼吸していました。^^;

 

昔から良く知っている所だし、

全然怖いとも思わなかったし、

特に何も感じませんでしたけどね!^^

 

そういう噂も、人が来なくなった原因かもしれませんね。

 

奈良県側

スリップ痕

『祈りの滝』を後にして、しばらく下ると『水越トンネル』から来る道に合流します。

上の写真は、そこまでの途中の道です。

 

夜は来ない方が良いかも!

それにしてもこの『祈りの滝』からの道、タイヤのスリップ痕などが沢山ある事から、

走り屋さんの走行コースにもなっている様です。

夜はここに来ない方が良いかと感じました。

 

それに道のあちこちで、不法投棄などのゴミが見受けらて結構汚いです。

もうお金かけてまで清掃しようとか、道路整備しようとかないんでしょうね!

 

10年後はもっと荒れ果てているかもです。

 

水越トンネルからの道に合流!

『水越トンネル』から来る国道の大通りに出て、再び走りやすい道になりました。

この地点が奈良県側から『水越峠』へ抜ける分岐点になります。

奈良県側『祈りの滝』分岐点

この先も『県道30号線』に突き当たるまで、ずぅ~っと長い下り坂が続きます。

 

奈良県道30号線(山麓線(さんろくせん))

県道30号線

『国道309号線』から『県道30号線』に入って左に曲がると、

まず一直線にずどぉ~んと抜ける道になります。

 

この道、休日の昼から夕方・平日の通勤時間帯は渋滞するので、

走るなら休日の午前中がおすすめです!

 

この日も昼近くになっていたので、段々車の通行量も増えてきて混んできました。

こうなるとあまり楽しくなくなる。早くここを抜けたくなる。

渋滞がなければ快適道です!

 

途中『セブンイレブン』や『ファミリーマート』などのコンビニや、

『カフェ』なども所々あるので、ツーリング途中に立ち寄り、コーヒーなどを飲むのも楽しみの一つです。

 

竹之内峠

そのまま『県道30号線』を走り続けると、

『国道166号線(竹之内街道)』に突き当たります。

ここから大阪方面に向けて走ります。

竹之内街道

『水越峠』も『竹之内峠』も、奈良県側からはあまりカーブが少なく、

まっすぐな道の方が多いです。

そのままガンガン上り坂を登って行きましょう!

 

この辺りの山は『二上山』といって、一応火山らしいです。

大昔噴火したようで、その噴火によって出来た、奇妙に波打つ様に見える、真っ白な『凝灰岩』(火山が噴火した時に積もった火山灰が固まって岩石になった物)の層が『どんずるぼう』と呼ばれる所に残っています。

この『どんづるぼう』心霊スポットとしても有名です!

 

なんか心霊スポット多いなぁ~^^;

 

竹之内街道から南河内グリーンロードへ

竹之内街道2

この地点から『竹之内街道』から『南河内グリーンロード』へ入ります。

 

 

南河内グリーンロード

この道は広域農道で、

緩やかなワインディングが続き、

片手には二上山の山肌や田園風景

片手には遠くに見える大阪の街並みを見ながら走れる快適道です。

大阪の街並み

この日は天気も良く、バイクで走行する方も多かったですが、

ロードバイクなどのスポーツ自転車で、

サイクリングを楽しまれている方も多く見受けられました。

 

私もスポーツ自転車には乗っているので、この道でバイク、自転車の両方を楽しんでいます!

 

 

しばらく走ると、道の両側にぶどう畑のビニールハウスが多く見える地点に来ます。

ぶどう畑のビニールハウスの写真 ぶどう畑の写真

この辺りは『飛鳥ワイン』も有名で、ワインやぶどうの直売店もあります。

夏に走ると暑いですが、生い茂ったぶどうの木を見ながら走れます。

 

最後に

今回はあまり時間がない時に、

少しだけバイクに乗りたい時に走る、

お決まりコースをご紹介しました。

 

遠くまで行くツーリングも楽しいのですが、

 

時間やお金が無い時は行けません(涙)

 

そんな時、近場をバイクに乗って走るのも楽しいものですよ!

 

普段何気なく走っている近所の道でも、視点を変えれば違った見方ができるかも。

今まで見えなかったものも見えきて、新たな発見があるかもしれませんね。

スポンサードリンク
祈りの滝

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です