舞鶴港とれとれセンターの激ウマ『海鮮丼』 ウニの量も半端ない!

うに丼ドアップの写真

スポンサードリンク


『舞鶴』まで来たら絶対立ち寄る場所があります。

 

舞鶴港とれとれセンター

舞鶴港とれとれセンター

ここは海の幸の宝庫。

新鮮な魚介類が旨い!

 

舞鶴港でとれた、新鮮な魚介類などを目の前で調理!

『海鮮焼き』や『お刺身』などに調理して、その場で食べる事が出来ます。

 

“ 海鮮丼 ” も安いし、めっちゃ旨い!

 

そんな『舞鶴港とれとれセンター』へ、

てんこ盛りの “ うに丼 ” を食べに行って来ました!

 

スポンサードリンク

 

海鮮市場から食材を選んでの昼食!

新鮮な魚

海鮮市場では、新鮮な海の幸をその場で調理してくれます。

 

贅沢な『海鮮丼』を食べるのも良いのですが、

御飯や味噌汁だけ食堂で注文し、海鮮市場からおかず選びっていうのも面白いものです。

 

市場の真ん中辺りに食事ができるスペースがあるので、市場へおかず選びに行きましょう!

 

一口で口に入らないほど、ぷりぷりした『生牡蠣』

直径50センチはあろうかと思われる『ほたての海鮮焼き』

ホタテ

食材探しを楽しみつつ、それをおかずに御飯を食べる。

そんな食べ方も面白いかもしれませんね。

 

他では絶対食べられない 激安てんこ盛りの『うに丼』

それではお待ちかねの “ うに丼 ” を食べに行きましょう!

 

海鮮市場正面から入って、直ぐ右手にある海鮮丼ととや

 

リーズナブルな値段で、『まぐろ』『ウニ』『いくら』などの新鮮な海鮮丼が食べられる。

 

今日のお目当ては “ うに丼 ” !

迷わず即注文しました!

うに丼全体の写真

 

“ うに ” の量がハンパない!

めっちゃ旨そう~!!

 

御飯の上に少しだけ乗っているとかいうレベルではなく、

ほぼ一面に敷き詰められているではありませんか!

うに丼ドアップの写真

過去に行ったお店で『うに』が四切れしか入ってないのに、1,500円ってとこもありました。

それに比べて、ここは何切れ入っとんねん!

めっちゃ贅沢ですやん!(笑)

 

『うに』一切れ300円と考えても、これだけの量を大阪で食べようと思ったら、

恐らく3,000円以上はするでしょう!

 

これでお値段は何と1,550円!

なかなかお得です^^

 

丼の一番旨い食い方。

豪快に口の中へ掻き込む!

 

旨めぇ~!!(笑)

 

舞鶴港とれとれセンター 基本情報



うに丼ドアップの写真

この記事が良いと思ったら シェアお願いします ⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です