北海道ツーリング 絶対立ち寄りたい 日本一過酷な網走刑務所!!

あなたは網走と聞いて一番にどんな事を思いつくだとうか?

「網走は北海道~!」

というのは当たり前だが、

網走と聞いてまず思う事は

なんと言っても有名な刑務所がある所

そう!網走刑務所です。

網走刑務所

そんな日本最北端の網走刑務所!

かつては

・日本一脱獄するのが難しい

・極悪犯罪者の入る刑務所

・過酷な環境で受刑者に労働が強いられる

・過酷な労働や環境で命を落とす受刑者が多かった

など、数え上げると沢山出てきます。

そんな日本一過酷な網走刑務所

北海道へ来た時には一度は訪れてみたい場所の一つでした。

今日は網走刑務所に立ち寄った時の話をしようと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

日本一過酷な網走刑務所

かつては懲役12年以上~無期懲役重罪の受刑者を収容する、

日本一過酷で、しかも脱獄する事が難しいという事で有名な刑務所でした。

受刑者達は、北海道の中央道建設のための労働者として過酷な労働条件の中働かされ、

その中で怪我をしたり、栄養失調になったりして命を落とす受刑者達が200人以上いたという事です。

眠る時も自分の吐く息で顔が凍傷になってしまったり、

朝起きると凍死している受刑者もいた様です。

博物館網走監獄

博物館網走監獄へ行くと当時の過酷で悲惨な受刑者の労働環境が、

鮮明に再現されたの人形や、説明文などで良く分かります。

そこには明治45年から昭和59年まで

実際に網走刑務所で牢獄として使用されていた建屋などがそのまま残されています。

そして、網走刑務所の食堂として実際に使用されていた食堂で、現在網走刑務所で受刑者が食べている監獄食を食べるという体験が出来ます。

網走刑務所の歴史や、当時の受刑者の過酷な獄生活を知るためにも、

網走へ立ち寄る予定の方は、是非博物館網走監獄へ立ち寄ってみてはいかがでしょう?

現在の網走刑務所は?

網走刑務所2

現在では昔の様な過酷な環境ではなく、

刑期10年以下の短期の受刑者を収容する刑務所になっています。

刑務所の中で受刑者達は自給を目的として、

農業をして野菜などを育てたり、

畜産をして食肉用の牛などを育てたりしています。

後、小物の木工細工を制作してお土産物として観光客に販売しています。

網走刑務所のお土産物

網走刑務所では受刑者達で小物の木工細工の制作もやっていて、

観光客用のお土産物として制作しています。

網走刑務所正面口の近くでも受刑者が制作したお土産品を買う事が出来ます。

ニポポという伝統工芸品をご存知でしょうか?

ニポポと言うのはアイヌ民族に伝わる伝統工芸品で、

アイヌ民族をモデルとした木で出来た人形です。

こけしの様な人形とイメージしていただければ分かりやすいと思います(写真があれば良いのですが、また機会があれば写真を掲載したいとお思います)。

後人気なのが、この網走刑務所の看板をモデルとしたレプリカの小物木工細工ですね!

網走刑務所

私も一つ買いました。良い記念になります^^

網走刑務所看板

最後に

今回の記事でツーリングと題している割には、全然バイクの写真が出て来ませんでしたね。

私がここを訪れたのは2006年の事です。

当時はあまり写真を意識して撮ってなかったので、

バイクと一緒に撮るとか、意識づけがあまりありませんでした・・・(汗)

という事で、網走刑務所のご紹介という事に注目して書いて見ましたが、

いかがでしたでしょうか?

現在の網走刑務所はほぼ観光地となっています。

刑務所なのに・・・です^^;

他の刑務所で門の前で記念写真を撮ろうと思う人はいないと思います。

(もしかしているかもしれませんが・・・^^;)

しかし、網走刑務所のこの看板の前で記念写真を撮る方は沢山いらっしゃいます。

網走刑務所

私も撮りました^^;

網走刑務所3

この写真を見ると綺麗なレンガ造りの壁や門

花壇もあり公園の様な外観で、

観光地となってしまうのもわかる気がします。

しかし、やはりそこは刑務所なんですね!

塀の中では昔ほどの過酷な環境はなくなったとしても、

やはり厳しい環境で受刑者達が刑を受けて自分が犯した罪を償っているんですから・・・。

今日は刑務所の話題なので、少し暗い感じの記事になってしまいましたが、

かつて日本一過酷で最恐だった網走刑務所!

一度訪れてみて、その歴史に触れてみるのも良いかもしれませんよ!

では今日はこの辺で!

最後まで読んでいただき有難うございました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
feedly

feedlyで定期購読できます

follow us in feedly
にほんブログ村

⇩ ランキングにご協力下さい ⇩

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です