2017/02/22

天橋立 傘松公園!ケーブルカーorリフトで登る 股のぞきスポット!!

 
0160

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

ヒロ

天橋立を一の宮側から見たいと思た時に、有名なスポットと言えば、

傘松公園です!

 

実はこの傘松公園は股のぞき発祥の地なんです!

股のぞき発祥の地で絶景『天橋立』を見ましょう!

 

スポンサードリンク


 

傘松公園へはケーブルカーorリフトで登る

0159

リフト・ケーブルカー乗り場『府中駅』

 

傘松公園へは、ここからリフトかケーブルカーで行きます。

同じ料金でどちらか好きな方に乗る事が出来るので、いったいどちらがお得なのか迷う所ですよね!

初めて傘松公園へ行くという時には、やはりどちらも乗っておきたいところ!

 

おすすめな乗り方は、

行きはケーブルカー、帰りはリフトを利用するのが良いでしょう!

天橋立を眺めながら、のんびりリフトに揺られる心地よい時間を楽しめます。

晴れた日の帰りは絶対リフトですね!

0160

 

ケーブルカーorリフト情報

0161

■ケーブルカーは15分間隔で運転されています。

  • 乗車時間は4分
  • 年中無休

■リフトは待ち時間無しで乗る事ができます。

  • 乗車時間は6分
  • 12月1日~2月末日まで運休
  • 雨天時や強風時は運休する事もあり

 

■【乗車料金】府中駅~傘松駅

『大人』 片道・・・330円

     往復・・・660円

『小人』 片道・・・170円

     往復・・・330円

 

スポンサードリンク


 

傘松公園からの股のぞき

傘松公園からの天橋立は、

天に向かって昇る龍の様に見えるという事から『昇龍観』と呼ばれています。

一直線に真っすぐのびるその姿は、まさに昇り龍!

 

傘松公園にも専用の『股のぞき台』が幾つかあります。

 

股のぞきと言うのはどういったものか?

それは、

股のぞき台の上で天橋立を背にして立ち、

腰を曲げて、自分の股の間から上下逆になった天橋立を眺めるといったもの。

 

やってみました!

0162

丁度こんな感じです^^

 

この時、股の間から見える天橋立が写真の様に上下逆さまに見える。

0144

おおっ!!絶景!!

ホントに龍が天に向かって真っすぐ昇る様に見える。

そういう風にイメージしながら見ると面白いです。

この日は天気が良く、絶景を見るには絶好な日でした!

 

かさぼう

休日に行くと『かさぼう』に会えるかも!

0163

この傘松公園のマスコットキャラクターであるかさぼうです。

 

伝説ですが、

天橋立は地上から天に向かって架かっていた橋です。

その橋が天から崩れ落ちた時に、橋から分かれた一部が妖精となりました。

それがかさぼうです!

その後、傘松公園に住み着いて現在にいたるとか・・・。

 

サービス精神旺盛で、カメラを向けるとポーズをとってくれる。

何とも愛くるしいですね^^

 

最後に

一の宮側から天橋立を見るには『傘松公園』から!

 

文珠側の『天橋立ビューランド』からの眺めも勿論素晴らしいです。

しかし、個人的には傘松公園から見た眺めの方が好きです!

そう感じるのも、一の宮側のどことなく落ち着いた雰囲気の影響かもしれませんね。

どことなく癒されるというか、落ち着きます。

 

スポンサードリンク


 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です