2017/02/23

水越・竹之内峠周回コースをシクロクロスで周る!

 
シクロクロス(アイキャッチ用)の写真

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

大人になると、なかなか学生時代の様に、運動に集中するといった事が無くなってしまいます。

高校までは授業で体育があったり、部活で運動部に所属している学生だったりすると、

嫌でも運動しなくてはいけなかった。

 

大人になると、そういう強制されて運動するといった事も、

一部の職業を除いては無いと思います。

 

意識して運動する人はするし、

運動しない人は、とことんしないものです。

 

私も30代中盤までは、空手をやっていたので、

走り込んだり、筋トレしたり、ストレッチしたり、

色々な事をして身体を動かしていました。

 

しかし空手に行かなくなってからしばらくは、本当に運動しなくなりました。

(趣味もバイクツーリングだし、よけい運動しない(汗))

 

身体にも今まで無かった贅肉が付きはじめ、ストレッチもしなくなったので、段々硬くなって動きにくくなり、筋力も落ちてきて、

「もう動きたくないなぁ~」

って感じでした。

 

「これではいけない!!」

 

と急に思い立ったのが、今から一年前!

ホコリをかぶって家の玄関に放置していた自転車『シクロクロス』を起こし、

また走り出しました!!

 

ライダーなのでスポーツも2輪!(笑)

 

今日は久し振りにサイクリングに出かけた時の話を掲載します。

 

スポンサードリンク


 

シクロクロスとは?

0030

では、シクロクロスとはどういった自転車なのでしょうか?

 

スポーツ自転車に乗らない方でも、ロードバイクの事を知っている人は多いと思います。

しかしシクロクロスに関しては、知らない人が大半なのではないでしょうか?

 

 

実際私の会社で、シクロクロスの事を知っている人は、

スポーツ自転車に乗る人を除いてほぼいませんでした。

 

シクロクロスとは、

舗装のされていない砂利道などの悪路でも、

走る事の出来るロードバイクです!

 

パッと見た感じは、ロードバイクと変わりません。

 

しかしよく見ると、

ロードバイクより、太いタイヤを履く事が出来る形状のフレームになっていて、

さらに頑丈な作りになっています。

 

ブレーキに関しても、砂利道などで泥が詰まったりする事を防ぐために、

泥詰まりに強いカンチブレーキや、ディスクブレーキがメインに取り付けられています。

 

ザックリ言うと、

ロードバイクMTB中間に位置する自転車です!

 

ロードと同じホイール(700C)を使用しているため、ロード用の細目のタイヤを履かせるだけで、ほぼロードバイクと変わりはありません。

 

素人が乗る分には、ロードシクロ、この2台の違いはほぼ無いと言ってもいいのではないでしょうか?(走りを追及されている方にとっては、たいぶ変る様です)

 

耐久性がロードに比べてかなり良いので、

自転車で旅をする、

ロングライドに向いている自転車です!

 

シクロクロス レース

シクロクロスにはレースがあります。

 

周回コースでレースが行われるのですが、

1週約3~4キロ位の周回コースで、そのコースは舗装されていない砂利道です。

 

そのコース上には、階段や柵などの障害物が設置されているので、

その地点に来ると、降りて自転車を担ぎ、自らの足でその障害物を越えて行きます!

 

かなりドロドロになるし、アスレチック感満載のレースですね!

 

決められた周回数、

そのコースを一番速く回り切った選手が勝者です!

 

南河内グリーンロード

今回選んだサイクリングコースは、いつも良くバイクで走ってる

 

【水越・竹之内峠周回コース】

 

このコースを今回自転車で走ってみました!

 

この日は6月の下旬、梅雨の真っ只中の中休みです!

良く晴れていて絶好のサイクリング日和でした。

 

南河内グリーンロードは、程よくアップ・ダウンがある道なので、

サイクリストの方々が良く走られています。

0017

 

道の両サイドには、この地の名産である。ぶどう畑のビニールハウスが広がっている。

6月のぶどう畑は、綺麗に緑に色づいた葉を広げ、

「もうすぐ夏だなぁ~」

って感じがして、季節を感じる事が出来ます。

0015

 

この辺りはぶどうの直売所もあちこちにあって、

ぶどうや、名産の飛鳥ワインを買う事が出来ます!

 

竹之内峠

0018

 

南河内グリーンロードを抜け、国道166号線(竹之内街道)に入ります。

気温はすでに28℃になっていました。

ここから竹之内峠まで少しですが、上り坂を登って行きましょう!

 

0019

竹之内峠の頂上!

そして大阪と奈良県の県境です!

 

この先は長い下り坂

転ばない様に注意しながら下る事にしましょう!

 

以前、自転車でこの坂を下っている時、突然後ろからやってきたトラックが、

猛スピードで自転車の横を追い抜かしていきました。

 

その時の風圧で、驚いた拍子にハンドルのコントロールが効かなくなり、

危うく転倒しそうになった事があります。(あの時はまじ焦ったぁ~)

 

気を付けながら降りて行きましょう!

 

奈良県道30号線(山麓線)

ここから国道309号線に突き当たるまで、道沿いに走ります。

 

ちょうど田植えが終わった位の時期です。

0020

これも、これから夏を迎える、

季節限定の風景ですね~

 

右側には雄大な葛城山が見えます。

0021

 

風もなく、快適にペダルを回す!

 

ふと路面に目をやると、

まだ新しい『アオダイショウ』の死体が転がっていました。

ぞっ!とする瞬間でした。

やっぱり田んぼが近いとヘビがいる。

 

奴らは自分のパーソナルスペースに入る者がいると、

襲い掛かって来る可能性もあるので、気を付て走らなければ・・・

だいたいは逃げて行ってくれますが・・・

 

ローソン 御所名柄店

0022

サイクリストが良く来るのか?

スポーツ自転車用のスタンドが設けられている。

サイクリストに優しいコンビニですねぇ~^^

 

 

ここは丁度、国道309号線と県道30号線が交差する位置にあります。

ここから国道309号線をひたすら登り、水越峠を目指す!

 

その前に、エネルギーと水分補給をする事にしましょう!

 

この辺り、ふと空を見上げると、パラグライダーが飛んでいるのを見る事も出来ます!

これは、ここ葛城山で、『スカイレンジャー関西』という団体が行っている事で、

体験教室なんかも行っているそうです!

興味のある方は、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

 

国道309号線で水越峠へ

さて、いよいよこのサイクリングのメインディッシュ!

水越峠へのヒルクライムです!

 

大阪側から登るより、奈良側から登る方が坂がキツイ!

 

あまり自転車に乗り込んでないため、

今日はゆっくりと登る事にしました。

『インナー × ロー』で、命一杯自転車のギアを軽くして、

ゆっくり登ってまいりました。

0024

ゆっくり登ってきているので、あれですけど、前来た時より楽に登れています。

 

左に行くと『水越トンネル』

右に行くと『水越峠』へ続く道になります。

0025

昔は右の『水越峠』へと続く道だけたったのですが。

水越トンネルが出来てから、峠への道は旧国道となってしまいました。

あまり整備もされず、利用する人も少なく、寂しい道になっています。

 

00026

なんか、ここから先は動物の世界で、人が踏み入ってはいけない!

そんな空気を漂わせている、異様な空間が広がっています。

 

道のすぐ横の切り株の上で、カラスが巣を作っていました。

そんなに、まじかにいるとは思わなかったので、びっくりしました。(汗)

 

しばらく行くと、また奴が!

 

アオダイショウです!!

 

へび嫌い!(涙)

 

坂を登っている時って、意識していないと下を向いて走ってしまいます。

そんな時気を付けないと、

前方にあるかもしれない、

危険に気づかない事があります。

 

意識して前を見ないといけませんね!

 

アオダイショウは死んでいる様で、まったく動きませんでした。

そのすぐ横を通り過ぎたので、血の気が引く様な気分でした~(涙)

 

丁度この時期、本州でも熊に遭遇して襲われたというニュースがTVでやっていました。

金剛山や葛城山で、熊を目撃したという話は聴きませんが、イノシシは出ます!

 

バイクならともかく、自転車は特に気を付けないといけませんね!

 

こんな事を考えながら、

ようやく水越峠の頂上へ到着!!

0027

ここから先は大阪側!一気に下りです!

良く登ってきた~!

 

自転車は自分の足で登ってきたという

達成感があるから良いですね!

 

この辺り、今日は人が多かったです。

ハイカーや登山で山に入られる方、山菜つみに来られた方の車が、沢山路駐されていました。

 

さぁ~ ここから下り!

気を付て帰ろう!

 

南河内サイクルライン

最後は南河内サイクルライン

多くのサイクリスト達が行きかいます。

0028

石川の河川敷沿いを走るサイクルロードですが、

河川敷の広場では、多くの家族ずれがバーベキューなどを楽しんでいて、

美味そうな匂いが漂っています^^

 

ここまでくれば、ゴールはもう少し!

 

最後に

今回このコースを2時間45分で走り切りました!

前回来た時よりタイムが縮んでうれしいです^^

 

自分の足で!自分の贅肉を燃やしながら走ってくれる自転車は、

走り終えた時、本当に爽快感があります!

 

それに途中で食べるコンビニでのおにぎり

めちゃめちゃうまい!!

このうまさは、走った人しか味わえません!

 

スポンサードリンク


 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です