2017/12/11

鳥取の最高峰『大山』紅葉 ツーリング 2017!大山環状道路で西から北側を走る!

 
伯耆富士の『大山』とCBRの写真

 

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

どうも!職人ライダーのヒロです。

 

2017年度、今年の紅葉ツーリングは、

日帰りで鳥取県の最高峰『大山』に来ています!

 

前回の記事では、『大山環状道路』を走り南側の様子をお伝えしました。

 

西日本随一と言われる『ブナ林』の中を駆け抜け、

峠の展望台から見る『大山南壁』は、まるで南アルプスを連想させる素晴らしい光景でした!

 

今回はその続きで、

西~北側を走り『大山環状道路』を周回しようと思います。

大山南側とはまた違った、素晴らしい光景がこちらにはありました。

 

それでは早速行ってみましょう!

※この記事は2017年11月10日『大山紅葉ツーリング』での記事です。

 

スポンサードリンク


 

大山西側『伯耆富士(ほうきふじ)』

峠から『県道45号線』を下り、森を抜けると一気に開けた所に出ました。

 

時刻はお昼を少し過ぎた頃。

ここまで来ると気温はぐんぐん上がって逆に暑いくらい!

早朝に走っていた極寒の中国道とはエライ違いです(ホンマ寒暖差激しすぎ~!)。

たまらず背中に貼っていたカイロを剥がす(笑)

 

丁度ここは道の分岐点で、『大山環状道路』を進むには右に曲がって『県道158号線』に入るといった所。

この辺りは『大山』の西側に位置する所です。

 

ふと『大山』の方に目をやると、

さっきまでとは打って変わって、まったく違う姿の『大山』がそこにありました!

伯耆富士の大山の写真

『鍵掛峠』でみた荒々しい岩肌ではなく、それはもう “ 火山 ”

まるで『富士山』の様ですね!

 

それもそのはず、『大山』は別名伯耆富士(ほうきふじ)とも呼ばれています。

 

見る方角によって姿を変えるとは聞いていましたが、

これ程までに変わるとは…。

 

てっぺんに雪が積もっていたら完璧ですね~!

 

実は、この近くには『大山まきばみるくの里』という酪農体験ができる施設があります。

そこから見た『大山』は、もっと綺麗な形に見えるそうです。

 

「じゃぁ~その写真をアップしろよ!」ってなりますよね?(近くまで行ってるのに…)

 

実は

「おもいっきり

通り過ぎてしまいましたぁ~!!」

 

なんたる不覚!

 

そこで食べる『ミルクソフト』は絶品だと聞いていたから

絶対食べようと思っていたのに!

 

通り過ぎた事に気づいたのは、だいぶ先に進んだ所でした(涙)

 

『大山環状道路』西~北~東側を走って大山を一周回る

さて、ここから『大山』の西~北側に入り、東側を抜けて周回するコースに入ります。

 

こちら側にも色々みどころがあって、本当はあちこち立ち寄って起きたいところ。

しかし大阪から日帰りで走るとなると、流石に時間が足りません。

 

今回の目的は、紅葉を見ながら『大山環状道路』を周回する事!

なので、後半は走りに集中する事にしました。

 

絶景スポットが沢山ある

しかし走りに集中するとは言っても、

景色の良い所がめちゃくちゃ沢山あります!

 

流石にそれを見過ごして走り去る事なんかできない。

なので、

止まっては撮影!止まっては撮影!をくり返しながらの走行。

 

眼下には日本海

大山北側から見下ろす日本海の写真

 

その反対側には『大山北壁』の荒々しい岩肌

大山北壁とCBRの写真

「何回もこの道を走っていて、知り尽くしている」

と言うのであれば良いのですが、

あまりにも絶景が多過ぎて、なかなか走りに集中出来ないというのが現実でした。(笑)

 

何回も道を間違える

道中、何も考えずに道沿いを走っていると、全然違う方向に行ってしまう事があります。

 

『大山環状道路』は一つの道ではありません。

『県道158・24・30・34・44・45』と、6つの県道を乗り継いでいます。

 

そのため同じ県道を何も考えずの走っていると、

実は全然違う方向に向かっていたりします。

県道158号線の写真

上の写真は『県道158号線』を走行している時の物。

めちゃくちゃ長い坂が、一直線上に「ずどぉ~ん」とのびている。

何処までも何処までも続く快適な道でした。

 

しかしあまりにも長い坂道だし、なんだか『大山』から遠ざかっている気がする…。

心配になり『Googleマップ』で現在地を確認してみると・・・

 

完全に間違てましたぁ~!

 

大山南側だったら、ほとんど『県道45号線』一本なので間違える事は少ないですが、

西~北~東側は分岐点が多い!

何も考えずに同じ県道を走っていると、「実は全然違う方向に向かっている!」なんて事があります。

なので、ちょこちょこ確認しながら走った方が良いです。

 

そんな中、幾つもの県道を乗り継ぎ、

『県道34号線』を走行中、見た事もない様な光景に出くわしました。

 

船上山の屏風岩

船上山の屏風岩の写真

『県道34号線』の細い道を走行中、突如現れた凄い光景!

山の上から不自然に突き出した岩肌、これは立ち止まらずにはいられません!

 

何か昔のテレビアニメに良く出て来る、秘密基地みたいに見えませんか?

岩肌が開いて、ビーム砲とか出てきたりして(笑)

船上山の屏風岩の写真(2)

この山は『船上山(せんじょうさん)』と言うそうです。

山の上に突き出した様な岩の事を『屏風岩(びょうぶいわ)』と言います。

 

 

古期に『大山』が火山活動によって、噴火した影響でこんな形になった。という説もありますが、

それも定かではない様です。

 

それにしても、これもまた素晴らしい絶景ですね!

『屏風岩(びょうぶいわ)』も勿論の事、山肌一面には黄金色の輝く『ススキ』の野原。

船上山のススキ野原の写真

船上山のススキ野原の写真(2)

船上山のススキ野原の写真(3)

凄く秋を感じさせてくれる光景でした。

 

近くに駐車場もある

近くには車を2台~ギリギリ3台は駐車できるかと思われる

『船上山展望駐車場』があります。


船上山の駐車場の写真

 

そこから眼下には『船上山ダム』が見下ろせます。

周りの山肌が紅葉に色づいてめちゃくちゃ綺麗!

船上ダムの紅葉の写真

山を見ても絶景!眼下を見下ろしても絶景!

ここめっちゃ気に入りました!^^

 

いよいよ『大山環状道路』フィナーレ

 

その後林道の様な所を抜け。

林道の写真

 

農村地帯を抜け。

農村地帯の写真

 

『地蔵峠』を超えて、ようやく『大山環状道路』を一周回ってきました!

大山環状道路フィナーレの写真

 

この道を真っ直ぐ進めば『蒜山大山スカイライン』

右へ曲がれば『大山環状道路(県道45号線)』です。

大山環状道路フィナーレ(標識)の写真

午前中、『大山環状道路』に合流したのが10時半頃。

只今の時刻は14時頃。

途中絶景スポットに立ち寄りはしましたが、凡そ3時間半で回って来れました!

 

もし走りっぱなしで『大山環状道路』を周回したら、

3時間あれは十分走破可能の様です。

 

最後に

2017年度の秋は悪天候の日が多かったため、

日帰りで『大山紅葉ツーリング』に行く事になってしまいました。

 

それでも『大山環状道路』を走って『大山』を一周したい!

 

日帰りという日程なため、完走できるかどうか心配でしたが、

無事『大山』を周回できて、大満足な紅葉ツーリングになりました。

紅葉は少し残念な所はありましたが、それでも全然オッケーです!^^

 

『大山』には良い観光スポットが沢山あるので、何回でも訪れたい場所ですね!

 

大山ツーリング総走行距離の写真

今回の総走行距離 611,2キロ!

本州で、1日にこれだけの距離を走ったのは初めて(笑)

 

最後の最後に

本日最後の締め!

『蒜山高原SA』にて『蒜山ソフトクリーム』を食べてきました!

蒜山ソフトクリームの写真

『大山まきばみるくの里』で『ミルクソフト』を食べれなかったんだから、

これを食わずには帰れない!!

 

濃厚ミルキーな味がたまらん!!

 

スポンサードリンク


 

よろしければシェアお願いします!

 

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2017 All Rights Reserved.