2017/11/19

鳥取の最高峰『大山』紅葉 ツーリング 2017!(極寒の中国道編)

 
鬼女台展望休憩所からの風景の写真

 

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

どうも!職人ライダーのヒロです。

 

先週に引き続き、今週も秋の紅葉ツーリングに行って参りました!

本日の行き先は、鳥取の最高峰『大山』

 

大山の紅葉みごろ期間は、例年10月下旬~11月上旬頃。

丁度今が見頃という事です!(本日は11月10日)

 

「大山の紅葉ってめっちゃ綺麗!」って聞いているし、

紅葉で色づいた『ブナ林』の中を走り抜けるなんて最高じゃないですか!

ブナ林の写真

 

今回は『大山』に向けてバイクを走らせる事にしました!

※この記事は2017年11月10日『大山紅葉ツーリング』での記事です。

 

スポンサードリンク


 

今回の日程

大阪から鳥取県の『大山』まで、

高速道路を利用したとしても、片道約250キロは裕にあります。(自宅から)

 

片道250キロで往復500キロ、その上『大山』でも走るとなると

総走行距離600キロ以上にはなるかと思います。

 

これを今回『日帰りツーリング』で行ってみる事にしました!(日帰りツーのレベルじゃねぇ~)

 

距離が距離なんで、当初はお泊りで行くつもりだったんですが、

天候の問題(次の日は雨)とか色々あって、こんな日程になってしまった訳です。

 

うかうかしていたら紅葉シーズンも終わってしまう!

でも『大山』には行きたい!

 

そんな感じで早朝から『大山』に向けてバイクを走らせました!(朝3時半起き(笑))

 

大山までのルート

今回は日程が日程なだけに全区間高速道路利用です。

 

  • 『南阪奈道路』から『近畿自動車道』を乗り継ぎ『中国自動車道』へ

     ⇩     ⇩

  • 『中国自動車道』を走り『落合JCT』から『米子自動車道』へ

     ⇩     ⇩

  • 『米子自動車道』を『蒜山IC』まで

     ⇩     ⇩

  • 大山 紅葉ツーリングを満喫する!

 

早朝3時半起き!4時半出発!

今回は日帰りロングツーリングなので朝3時半起き!

朝には強い方ですが、3時半はさすがに早過ぎます。(頭が ぼぉ~っとする…)

 

ここまで朝が早いツーリングは、高野山奥之院で毎朝行われている儀式、

『生身供(しょうじんく)』を見学するために走って以来!

『生身供』の儀式は、毎朝6:00から高野山奥之院で行われているので、それに間に合うように走って行った事があります。

丁度その時「3時半に起きて4時に出発!」って感じでした(笑)

 

さて、11月ともなると早朝は寒い。

それはもう冬と言っても過言ではないくらいに!

昨日の天気予報で「山間部は “ 0度 ” になる所もある」なんて言ってたので、

まともに山間部を通る『中国道』が少し心配。

 

「まぁ~大丈夫やろう~」と思う反面。

「ほんまに大丈夫かなぁ…」なんて心配している自分もいる。

「寒暖差が激しいため、昼は温かい」なんて事も言ってたので、最悪気温が上がるまでどこかで待機すれば良い!

そんな事を考えながら身支度を整え、午前4時半過ぎには出発しました。

 

まだ身体も頭も完全に起きてないので、『南阪奈道路』近くのマクドナルドまでトロトロ運転。

モーニングにする事にしました。

マクドナルドで出発前に撮影した写真

40分くらいマクドナルドにいて、午前5時半に出発!

やっと身体も頭も完全に起きてきた!

これでガンガン走れるぞ~!

 

トラックだらけの高速道路

今回『大山』までのルートは、

『南阪奈道路』から『近畿道』を乗り継ぎ、『中国道』へ入る。そして『米子道』で蒜山l.Cまで!

日帰りロングツーリングなため、すべて高速道路利用です。

 

辺りはまだ暗い中、徐々にスピードに鳴らしていく。

ぶち当たって来る風がマジ冷たい!

 

冬みたいに寒くなる事が予想できたので、

冬用ライダースジャケットにオーバーパンツ、冬用グローブ等の装備に加えて、

お守り用に『貼るカイロ』を携帯するなど、完全冬装備で来ました。

なので寒さ対策は万全!…のはず。

 

『近畿道』に入ると『長距離トラック』がめちゃくちゃ多い!

抜いてもトラック!

後ろから来るのもトラック!

たまに見る普通車が新鮮に見えるくらいに(笑)

 

トラックの後ろって風よけになって良いんですが、全然前が見えない(涙)

標識を見落としたり、行く方向を間違えそうになったりするので、どんどん抜いて行きました。

 

極寒の中国道

吹田JCTから『中国道』に入ると、こちらもやはり『長距離トラック』だらけ。

平日だし、この時間帯はどこもトラックが多いのかもしれませんね~。

 

神戸JCT辺りからだったと思います。

気付けば強烈な寒さに見舞われていました。

 

恐らく気温は “ 0度 ” には達してないと思うのですが、

凍てつく風が高速走行でぶち当たってくるため、体感温度は “ 0度以下 ” に感じます。

たまらず次のサービスエリア『赤松 SA』へ避難する事にしました。

『赤松』の駐輪所の写真

駐輪場に向かうと、先に2台のバイクがとまっていて、そのバイクの持ち主である50代くらいの中年ライダーの方に声をかけて頂きました。

お互い話す言葉に絶対出て来るのが

「めちゃくちゃ寒いですね~!!」(笑)

そろろそ中国道も路面がやばい季節かも…

 

こんな事もあろうかと、持ってきた『貼るカイロ』(マジ持って来て良かった~!)

貼るカイロの写真

使っても使わなくても、この季節は絶対に携帯します。

非常用の『寒さ対策のお守り』として、めちゃくちゃ重宝!

二つ持って来たけど、もっと持って来ても良かったくらいです(笑)

 

背中を中心に、首の下と腰の上辺りに貼り付けました!

 

ハチミツゆず湯の写真

『はちみつ ゆず』が凍えた身体に染み渡る~♪

カイロも段々温かくなって来たことだし、そろそろ行きますか!

 

その後も寒くなっては休憩をくり返し、山間部に入った頃には濃い霧に包まれていました。

濃い霧に包まれた中国道の写真

霧は水滴が細かいので、ヘルメットのシールドを曇らせる。

拭いても拭いてもすぐ曇るので厄介です。

 

まぁ~そんな感じで『中国道』をひた走り、落合JCTから『米子自動車道』へ合流。

そのまま『蒜山高原 SA』を目指しました。

 

蒜山高原 SA

『蒜山高原 SA』の少し手前、最後のトンネルを抜けた辺りから、前方に『大山』が見えてきます。

 

大阪にいては普段見ることのない標高の高い山。

綺麗な『大山』の姿を見た瞬間。

バイクを運転しながら歓声をあげている自分がいました。

蒜山高原SAからの大山の写真

日帰りになるので「行くか?」「やめるか?」迷った時もありましたが、

マジ来て良かったです!^^

 

大阪から『蒜山高原 SA』まで約4時間で到着。

この時間帯バイクは自分だけでした。

蒜山高原SAとCBRの写真

道中濃い霧が出たりして、天候の方も心配になりましたが、

良く晴れて絶好のツーリング日和になりそうです!

 

施設入口前で『ジャージーソフトクリームののぼり』を発見!

蒜山高原SAの写真

この辺りは酪農が盛んなので乳製品が旨い!

『ジャージーソフトクリーム』旨そう~!

でも今は寒すぎて食えません…帰りに絶対食います!

 

じゃぁ~そろそろ給油して行きますか!

蒜山高原SAで給油時の写真

『蒜山高原 SA』を出ると約500mで『蒜山I.C』です。

 

最後に

この時期、朝の『中国道』はめちゃくちゃ寒かったったぁ~。

天気予報をよく確認して、必要なら完全冬装備ですね!

 

その時は、使っても使わなくても『貼るカイロ』は絶対お忘れなく!

極寒の時、あれば重宝する事間違いなし!

 

さて、ここから先がいよいよ『大山 紅葉ツーリング』です。

雄大な『大山』の周りをクルっと一周できる『大山環状道路』を走ってきました。

見る方向によって「これが本当に同じ山か!?」と思えるくらい姿を変える『大山』

紅葉に染まった西日本随一の『ブナ林』の中を走れる『大山環状道路』は最高でした!

 

その時のツーリングレポートはまた次回にしたいと思います。

 

今回は以上です。

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク


 

よろしければシェアお願いします!

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2017 All Rights Reserved.