2017/07/23

原付ツーリング!50ccバイクで長距離を走れるか?

 
原付

 

スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

こんばんは!

今日は原付バイク(50cc)についてのお話しをしようと思います!

実は私自身、

ツーリングの原点は50ccの原付バイクでした。

 

高校1年の16歳になると、いよいよバイクの運転免許が取得出来る年になります。

  • 原付免許
  • 自動二輪免許

あなたならどちらの運転免許証を取得しますか?

 

一番多いのは原付免許ですよね!

 

私も16歳に原付免許を取得して、

それ以来、長年に渡って50cc原付バイクに乗っていました。

 

では原付の話をしましょう!

 

スポンサードリンク


 

50cc原付バイクでツーリングへ行けるか?

あなたはツーリングへ行くためのバイクとはどんなバイクを思いつきますか?

  • 250cc以上の中型~大型のバイク
  • 乗車姿勢も楽

普通、思いつくのはこんな感じのバイクですよのね!

 

原付(50cc)ってどう思います?

  • 家の近所を走る足代わり
  • 通勤用バイク

って感じで、ちょっと近所まで・・・という方が大半だと思います。

 

原付ってエンジンも小さいし、スピードも出ないし、

何よりも長距離を走るとエンジンに負担がかかってしまって、

ガンガン走っていると、ツーリング先でエンジントラブルなんて事もあるかもしれません。

 

しかし中には雑誌とかにもよく出ていますが、

『カブで日本一周』などの強者もいる位です。

 

結論から言います。

 

原付でツーリングは出来ます!

 

走り方次第です!

 

私はツーリングを趣味として、日本全国を走って来ました。(まだそんなに偉そうにはいえませが・・・)

 

その原点!

 

ツーリングの楽しさを教えたくれたのが、

 

何をかくそう!

 

一台の50cc原付バイクだったのです!

原付

【ホンダ スマートDio】

水冷4ストローク49ccエンジン

 

2サイクルエンジンに比べると、加速は大人しい感じですが、

このバイクの耐久性と、燃費の良さは格別でした。

 

今このバイクは知人に譲ったため、私の手元にはありませんが、

  • 燃費に関しては、リッター40キロ以上走る
  • 10年以上走った今でも元気!

 

さすがホンダさんですね^^

 

このバイクで色々ツーリングに出かけました!

大阪から舞鶴・敦賀・岡山・小豆島

 

伊勢神宮へ行き、そこから紀伊半島をぐるっと回って大阪に帰ってきた事もあります。

 

現在でも原付でツーリングに行く事はありますが、

今はコイツに乗っています。

GTR125 aero

台湾YAMAHA GTR125aero

 

二種原付なので、法定速度30キロ規制から開放されました!

 

日本正規輸入車ではないので、日本ではあまり走っていません。

あまり走っていないバイクに乗りたいと思っていたのと、形がDioに似ている事からこのバイクに決めました!

 

このバイクは基本的に通勤用として使っていますが、ツーリングにも行きます!

ツーリングに行った時には掲載するので、

是非読んで下さいね^^

 

現在の50cc原付バイク

昔の50cc原付バイク

昔の50cc原付バイクと言うのは、2サイクルエンジンが主流でした。

2サイクルエンジンはパワーとスピードは凄く良くて、

きびきび走るし、街乗り最強!

と言った感じでした。

 

しかしその分エンジンの負担も大きく、

耐久性に関しても、空冷50ccという小さなエンジンで長距離を走るには向いていません。

 

それに2サイクルエンジンは、

ガソリンとオイルを混ぜてエンジン内のシリンダーで燃焼せさせるため、

あの臭い白い排気ガスが出る。

そのため、大気汚染を引き起こす原因になってしまい、

環境に悪い影響をあたえます。

 

現在の50cc原付バイク

現在の50cc原付バイクは4サイクルエンジンが義務付けられ(排ガス規制のため)、

パワーは落ちたものの、耐久性・燃費が上がり、長距離でも大丈夫なようになりました。

 

中には50ccでも水冷使用のエンジンもあり、

耐久性に関しては格段に向上しました。

 

50cc原付ツーリング 注意すべき事

速度超過に気を付ける!!

50cc原付の法定速度は時速30キロです!

時速30キロを越えた速度で走ると捕まります。

 

実は私が普通二輪の免許を取ろうと思ったきっかけも、

原付で時速30キロ以上で走っていて、白バイに捕まったからです(汗)

 

幹線道路を時速50キロで機嫌良く走っていると突然後ろからサイレンの音が聞こえ、

「前のバイク横に止まって下さい!」

みたいな事をアナウンスされました。

 

『やっちまったぁ~・・・』

 

とても丁寧で、親切そうなお巡りさんでしたが、

キッチリ切符を切られました(涙)

 

その後、直ぐに自動二輪の免許を取りに行きました!

この事が無かったら、自動二輪の楽しさを知らずにいたので、

結果オーライですけどね^^;

 

とにかく原付で時速30キロ以上で走ると捕まるので気を付けて下さい!

 

トンネル走行時は特に注意!

一番怖いのはトンネルですね!

 

車の走行音がトンネル内に響いて、

それがどんどん後ろから迫ってきて、凄い勢いで抜かされていきます。

かなり怖いです!

 

後ろから来る車がトラックとかだともっと怖いです。

追い抜かされる時の風圧で、トラックの方へ引き寄せられる様な力が働き、

それに驚いきハンドルを取られて、転倒しそうになる事もあるので気を付けて下さい!

 

こまめに休憩を取る

中型バイクと違って、きびきび走れません。

ゆっくり走っていると、中型バイクに乗っている時の倍は疲れます

 

長距離を走っているとお尻が痛くなるのと、肩や背中が凝ってきて楽しくなくなって来ます。

 

そうなる前に休憩しましょう!

 

こまめに休憩を取る事が、

バイク的にも人間的にも、楽しく長距離を走るために大事だったりします!

 

最後に

今回は原付バイクに関して、原付でツーリングが出来るか?

等を語って見ました。

 

大型バイクも当然楽しいですが、原付は原付で楽しいものです。

速度が変われば景色も変わる。

 

法定速度が時速30キロまでだという事や、

車に抜かれまくるのに関しては、少々不安はありますが、

 

バイクを気遣いながら走ったり、

小回りが利くので、Uターンをするのも楽!

道を走っていて気になる所があれば、直ぐに寄る事が出来る!

 

一番良い所は燃費が良い所でしょう!

出費がグッとおさえられます。

 

何でも経験なので、まだ原付ツーリングへ行った事がない方は

是非行って見てはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. haruko より:

    初めまして!

    最近原付に乗りはじめて、どうしても遠くまで行ってみたいと思っていたので、
    原付でツーリングの記事、とっても参考になりました。

    何事も経験ですね。
    こまめに休憩入れつつ、やってみようかな?と思います(^.^)

    • ヒロ より:

      初めまして!
      記事読んで頂いてありがとうございます。

      原付でのツーリングも楽しいものですよね!
      小回りが利く分、大型バイクより見える景色が変わって楽しいです。

      長期連休に入ると50ccで色んな所へ行ってものです。
      パワーが無いっていうのも面白味の一つなんですけどね^^

      原付ツーリング楽しんで下さい(^^)
      自分も今年から原付ツーリングを再開しようと思います!(原付二種ですが)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2016 All Rights Reserved.