2017/05/13

京都 バイクツーリングに絶対おすすめ!美山 かやぶきの里で日本の原風景に満喫!!

 
かやぶきの里とCBRの写真

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

今回、京都府南丹市美山町北にある

『かやぶきの里』までツーリングに行って来ました~!

 

前回はその道中を中心にご紹介しました。

【美山 かやぶきの里へツーリング!!】

 

今回はその『かやぶきの里』の村の様子を中心にご紹介したいと思います!

 

日本の原風景が残る『かやぶきの里』!

ここは本当にツーリングスポットとしておすすめです!

 

スポンサードリンク


 

美山 かやぶきの里とは

豊かな自然が残る美山町。

その面積は京都府下最大だとか!

 

その広大な面積を誇る美山町には、

今もなお『かやぶき屋根』を使用している民家が密集している地域、

知井地区の北集落があり、

国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

 

その地域は『かやぶきの里』と呼ばれ、多くに人々に親しまれている。

かやぶきの里の写真

そのかやぶき屋根の姿を見ると、

日本人なら誰でも、どこか懐かしさを覚えずにはいられないのではないでしょうか?

 

まず頭に思い描くのが

子供の頃に良く見た『日本昔話』の世界!

まさにその物が現実に目の前にある!

 

村の入口から懐かしい物のお出迎え

村の入口に位置する公民館の脇に、一人佇む円筒形の赤い物体!

なんと懐かしい~!!

今ではすっかりお目にかかる事が少なくなった

円筒形の郵便ポスト!

円筒形郵便ポストの写真

 

道の脇にひっそりと佇むその姿は、まるで私たち観光客を出迎え、歓迎している様に感じる。

このポストは飾りではなく、今でも現役で活躍しています。

 

このポストの前で記念撮影されている観光客も多い事から、

人気者?アイドル的存在としても活躍?(笑)

 

そのポストの斜め右上にはお地蔵がいらっしゃいます。

田舎の村にお地蔵さま!

絵になりますね~^^

お地蔵さまの写真

お地蔵さまにご挨拶をして、村の中を散策させていただきましょう!

 

お地蔵さまの裏手の巨大植物

お地蔵さまの裏手をのぞいてみると、圧倒的な存在感に思わず見上げてしまいました。

軽く2~3メートルは超えているかと思う巨大な植物

一見ススキ?の様にに見える巨大な植物!

パンパスグラスとかやぶき屋根の写真

これはススキの様でススキでない、

『パンパスグラス』と言う植物だそうです。

余裕でススキより巨大化する大型植物です。

 

そのパンパスグラスと後ろのかやぶき屋根の家、

お地蔵さまの圧倒的な印象に思わずカメラを構えていました。

 

この姿を見ると「もう秋が訪れているんだなぁ~」って感じますね~

 

美山民族資料館

村の中をのんびり散策していると、村のほぼ中央に位置する所に

『美山民族資料館』という施設がありました。

美山民族資料館の写真

何か面白そうだったので寄ってみる事に!

 

この資料館は、約200年前の中層農家住宅の形を残した物で、

資料館内では当時の方の暮らしに触れる事が出来ます。

約200点もの農機具や昔の生活用品、その他貴重な物や資料も展示しています。

 

『美山民族資料館』に関しては、下記記事で詳しくご紹介しています。

 

ちいさな藍美術館

次に向かったのが『ちいさな藍美術館』!

 

ちいさな藍美術館 入口の写真

こちらは染物である『藍染』に関する美術館で、

この美術館の設立者である『新道弘之氏』によって、

世界中から集められたコレクションを公開展示しています。

 

『ちいさな藍美術館』に関しては、下記記事で詳しくご紹介しています。

 

美山米パン吉之丞

村の下の端っこの方を歩いていると、パンの焼ける良い匂いが漂ってきました。

その匂いにつられて行って見ると一軒のパン屋さんがありました。

『美山米パン吉之丞』さん。

こちらでは米粉を使用したパンを販売しています。

 

『自然栽培』をうたっている看板も掛けられているし、

何かめっちゃ美味そうですよね!

美山米パン吉之丞の写真

はじめこちらに来た時には、

まだ営業時間前だったので『只今準備中』の看板が出ていました。

 

営業時間は

午前10時半頃~売切りまで!

 

だいたい10時半頃~ってラフな感じで、売り切ったら閉店!!

何かそれだけでも美味そうな感じがするし、気になるし、

ますます食べたくなります!

少し時間をつぶして、改めてこちらに来ました!

 

美山米パン吉之丞の店内の写真

再度こちらに来店した時には、時刻は10時50分頃!

もう売り切れているパンもありました。

 

店に陳列されているパンは少し小さめの大きさで、

ちょっと食べよう!と思うには丁度良い大きさです。

 

あんパンや枝豆チーズパン、レーズンパンなど数種類!

種類もそんなに多くないので、あまり選ぶのに悩むと言った事は無いかと思います。

 

好みにもよりますが、

お米のパンと言うのは、モチモチしていて美味しい!

 

あんぱんやチーズぱんなど、味付けしてあるパンも勿論美味しいのですが、

米パンの素材本来の美味しさを味わいたいのであれば、

こちらの『ミニミニ食パン』をおすすめします!

米パンの写真

 

米パン本来の甘さと、もちっとした食感を存分に味わえ、

とても美味しかったです!^^

 

店の前のベンチで食べても良かったのですが、

私は駐車場横に流れている『美山川(由良川)』のほとりで、

川のせせらぎを聞きながら食べる事にしました!

米パンの写真2

 

美山町の自然の力で、より一層美味しく感じる!

こういう所で食べると何でも美味しい~^^

 

美山 かやぶきの里へアクセス

 

最後に

かやぶきの里を散策する時は、駐車場内にある施設で

『かやぶきのさとマップ』が無料配布されています!

かやぶきの里の地図の写真

かやぶきの里にある施設やカフェ、民宿など、分かりやすい地図が掲載されています。

是非ご活用下さい!

 

今回ご紹介した『かやぶきの里』は、一部の建物を除いて人が住んで生活されています。

大声を出したりすると村民の方々のご迷惑になります。

その辺にゴミを捨てたり絶対にしないで下さいね!

散策される時は、必ずマナーを守って静かに散策しましょう!

 

今回初めて『かやぶきの里』に訪れたのですが、

懐かしい日本の原風景に心癒されます。

 

是非『美山 かやぶきの里』へ向けてバイクを走らせましょう!!

 

スポンサードリンク


 

⇩ よろしければ、シェアお願いします ⇩

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 中村倫明 より:

    心が落ち着く空間ですね!
    名古屋からだと高速使って3時間くらいですね!
    いつか行ってみたいです!

    • ヒロ より:

      コメントありがとうございます。
      こういう日本の原風景が残っている所も少なくなってきましたね。

      昔ながらの茅葺屋根の家々を見ているだけで、心が和みます!
      機会がありましたら、是非いらして下さい!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です