2017/04/02

お花見ツーリング 関西おすすめスポット!奈良公園 東大寺!!

 
奈良公園

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

春!

冬眠から覚めた虫や動物たちが活動を開始するこの季節

いよいよ本格的にライダーとして活動を開始する方も多いはず!

 

ここ近年夏は猛烈に暑く、冬は猛烈に寒い!

快適に走れる季節は限られてきます。

 

この快適な季節にジャンジャン走っちゃいましょう~!!

 

そして春と言えばお花見!

関西でお花見ツーリングに最適な、おすすめスポットはぁ~?

 

奈良公園です!

 

関西近辺に住んでいるライダーにとっては、

とてもポピュラーなツーリングスポットではないでしょうか?

 

今回は2015年の春奈良公園の桜を求めて走った時のお話しです。

 

スポンサードリンク


 

 

春日野園地

2015年、4月2日

桜も満開で、一番良い時に奈良公園に来れました^^

奈良公園

奈良公園3

奈良公園4

 

春日野園地は奈良公園で一番広い、多目的広場です!

春日野園地

 

ぽかぽかして温かく、優しい春の日差し

遠くに見える満開の桜

下を見れば小さい黒豆が沢山落ちている。

さて、何の黒豆でしょう~?(笑)

 

これも奈良公園ならではですね^^;

 

奈良公園のマスコット的存在

奈良公園と言えば・・・『鹿』ですね!

地面に沢山落ちている黒豆は。

鹿の『○ン』です(笑)

桜の木下の鹿

奈良公園の鹿は天然記念物に指定されている野生の鹿です。

 

公園内で売られている『鹿せんべい(鹿の餌)』を買って鹿に与えると、喜んで食べてくれます。

そうやって鹿とたわむれるだけでも癒されます~(*´▽`*)

おっとりした鹿の動きを見ているだけでも面白いですよ!

 

奈良公園と言えば東大寺

東大寺に入るためには、拝観料が必要です。

■中学生以上500円

■小学生以下300円

 

東大寺の詳しい拝観料、拝観時間

こちらをご覧ください。

 

拝観料を払って中に入ると、この日は平日だというのに

結構な数の人!

しかも、色々な国の言葉が飛び交っています。

 

そう!そのほとんどが外国人!

特に中国人が多かった様に思います。

東大寺2

っていうか、日本人いるの?

 

大仏殿

東大寺

真下まで来ると、その巨大さゆえに、結構な圧迫感を感じます。

今でも世界最大級の木造建築の地位に君臨しているというのも、

うなずけますね~^^

 

この大仏殿

当然『国宝建造物』です!

 

毎年大晦日から元旦にかけて、中央上部の観相窓が開かれ、

大仏様のお顔を拝見しながら、新年を迎える事が出来ます。

観相窓

私はまだその姿をテレビか何かでしか見た事がないのですが、

是非、今年の大晦日には見てみたいと思います!(予定が合えば、ですが・・・^^;)

 

この大仏殿、過去に二度ほど火事になって焼失してしまったそうです。

その都度再建され、今の姿があるわけです。

木造なので、よく燃えるんでしょうね。

乾燥しやすい季節には気を付けて欲しいものです。

 

大仏様

大仏殿の中に入ると、中央に大仏様がいらっしゃいます。

大仏様

いつ見てもデカイ!

 

この大仏様は聖武天皇の発願により建立されました。

 

建立された理由は、

天平時代は華やかな時代でした。

しかしそのかたわら、

『政治的な争い』『地震などの天災』『伝染病などの流行り病』が多い、

とても苦しい時代でもありました。

 

そこで、何とかしなければと考えた聖武天皇が、

信仰していた仏教の力を借りて国を安静にし、

「国民たちを病や天災などから守ろう」

という願いを込めて造られたという事です。

 

大きい仏像だから大仏様と呼ばれていますが、

実は大仏というのは正式な名称ではありません。

 

正式名称は『盧舎那仏(るしゃなぶつ)』といいます。

 

最後に

奈良公園2

奈良公園と言えばライダーの間で、ツーリングスポットとして有名な場所です。

春の満開の桜、

おっとりした天然記念物の鹿、

歴史ある国宝の大仏様に会いに来ませんか?

 

特に広々とした大地に咲く桜はとても綺麗です。

温かくなると開花して、直ぐに散ってしまう桜

何を差し置いてでも見る価値があるものです。

 

是非、奈良公園の桜を見に来て下さい!

 

スポンサードリンク


 

 

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2016 All Rights Reserved.