2017/02/22

九州バイクツーリング!冬の一人旅2016(フェリー乗船編)

 
0280

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

ヒロ

※この記事は2016年12月 九州バイクツーリングでの記事です。

 

今年最後の走り収めツーリングをどこにしようか?

■北は路面凍結・積雪の恐れもあるので無理

■南の九州なら滅多に積雪も無いし、峠を出来るだけ避ければ大丈夫

九州ツーリングに決定しました!

 

スポンサードリンク


 

九州行きフェリーのチケットを予約

今回の九州ツーリングで予定している場所は宮崎・熊本・鹿児島の3県。

 

関西からこの3県へ行くのに便利なフェリーは

■神戸港~宮崎港を結ぶ

宮崎カーフェリー

■大阪南港~志布志港を結ぶ

フェリーさんふらわあ

 

一か月前、九州フェリーのチケットをネットで検索。

色々見ていると多客期は大幅に値段が跳ね上がります!

片道だけでも4,000円以上跳ね上がので大きいですね!

 

予定している時期は12月28日~31日

もろ多客期です。

 

お安く行くにはどうすれば良いか?

  • 日程を12月27日に変更し多客期を避ける。
  • 行きは神戸港~宮崎港を結ぶ「宮崎カーフェリー」
  • 帰りは大阪南港~志布志港を結ぶ「フェリーさんふらわあ」

これで行くことに決定!

 

相部屋の2等寝台・バイク750cc以上の条件で

  • 行き「宮崎カーフェリー」13,320円
  • 帰り「フェリーさんふらわあ」14,100円

合計27,420円

お安く乗船できる事になりました!

多客期に行くと往復30,000円以上になります。

 

出発の日

出発日は会社の仕事収めの日。

半日休暇をもらって帰宅!せっせとツーリング準備です。

バイクは日曜日にコンディション確認しているのでバッチリ!

今日から楽しい非日常が始まるぞ~^^

 

しかし、この日の大阪は朝から大雨(涙)

昼過ぎから雨は上がったものの、どんより暗い雲の覆われた大阪の空でした。

 

天気予報でも昼から回復に向かうと言っていたので、

まぁ~大丈夫でしょう!

いちおう万が一の時に合わせて、タンクバックにカバーを着せる事にしました。

 

そして15時頃出発!

阪神高速で神戸港を目指します。

0276

 

阪神高速

14号松原線は渋滞。とろとろ徐行運転状態が続いていました。

 

ぽつりぽつりと小雨もぱらついてきた。

ふと空を見上げると、自分がいる頭上は暗い雲に覆われているが、雲の切れ目から陽の差し込みが見える。

その光を受け、薄暗い中輝いている「あべのハルカス」がとてもきれい!

暗い雲に覆われているのに、部分的に陽の光が差し込んでいる不思議な光景でした。

 

環状線を経由し3号神戸線へ入る。

この辺りまでくると渋滞も解消し快適に走れる様になってきました。

っと思いきや、また渋滞。結局最後までこんな状態の繰り返しでした。

 

ぽつりぽつり降ったり止んだりの可愛らし小雨。

「武庫川」辺りから本降り状態に!(涙)

「初日からやめてくれよぉ~!」って感じ(笑)

 

ライダースジャケットは防水加工されているから大丈夫!

タンクバックもシート着せてて良かった~

 

そんな雨の中、どうにか神戸港へ到着!

 

スポンサードリンク


 

神戸港到着

0277

港の入り口から先を見ると、今夜乗船する宮崎カーフェリーが停泊している。

普段海沿い住んでいない事もあり、こんな近くでフェリーを見ることもない。

久しぶりに見る巨大建造物に興味深々!!

0278

 

駐車場へ行くと係員に誘導され、バイクを止めるところを指定される。

そこは屋根が付いていて助かった!

0279

冬だという事でさすがにバイクは少ないね!

 

ちょうど乗船手続き開始時間に到着したので、受付窓口は空いていました。(遅く来ると混みます。)

 

【必要書類】

  • ネット予約の時に印刷するよう指示があって印刷した用紙
  • 乗船名簿は別に書く必要がある

必要書類を提出し手続き完了!

 

乗船手続きを済ませたら、後は乗船時間までの時間を過ごすだけ。

これから始まる九州ツーリングの事を考えながら、

ワクワクしていました。^^

 

フェリー乗船

時間になり、いよいよフェリーに乗船!この時には雨はもう上がっていました。

陸からフェリーへと続く橋げたは雨で濡れているので、スリップしないように慎重に乗船。

無事スリップせずに乗船できました(笑)

0280

 

いつ見ても興味深々の車両甲板!

めったに見れる物でもないので、係員の作業の邪魔にならない様にしばらく見学!

巨大建造物のお腹の中ですね~(笑)

0281

 

車両甲板から続く長い階段を上り客室へ!

今回一晩を過ごす2等寝台です。

0282

0283

12人の相部屋になっていて、カーテンで仕切るとそれなりにプライバシーも確保できる。

結構こういう狭い空間好きです(笑)

 

それでは高まる期待と共に九州へ向けて出港!

 

 

⇩ 次の記事へ続く ⇩

【九州バイクツーリング!冬の一人旅2016(宮崎上陸編)】

 

スポンサードリンク


 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です