2017/03/21

九州バイクツーリング!冬の一人旅2016(宮崎県日向編)

 
のどかな九州の道の写真

この記事を書いている人 - WRITER -


普段は『きさげ職人』として、工作機械重要箇所に手仕上げ加工を施す職人さん。
もう一つの顔は相棒のCBRと共に日本全国を駆け巡る職人ライダー!
ツーリング先での情報やグルメ情報を中心に発信します!!

詳しいプロフィールはこちら

ヒロ

※この記事は2016年12月 九州バイクツーリングでの記事です。

前回の記事『宮崎上陸編』

 

昨夜は大好きなブルートレインに宿泊できて、夢の様な夜を過ごしました。^^

個室寝台はめちゃめちゃ快適!(私的に!(笑))

CBRとブルトレの写真

現役時代ならチケットを取る事も難しかった個室寝台

もうこの車両は動きませんが、『ブルートレインたらぎ』なら簡単に泊まる事ができる。

 

家が近ければしょっちゅう来れるのになぁ・・・。

家が近い人はうらやましい~。

 

ブルートレインたらぎにはもう一日泊まります!

 

さて、九州バイクツーリング二日目。

今日の予定は宮崎県日向市へ向かいます!

 

本当は高千穂にも寄るつもりでした。

しかし冬のツーリングのため、早朝に出発すると路面凍結の恐れがあります。

今いる熊本県多良木から宮崎県の高千穂や日向へ行くには、

峠越えは避けられない!(真っ暗な山間部を走るのも危ないし、何か出てきそうで気持ち悪い(汗))

 

なので高千穂は断念。

次回来た時は高千穂へ走るだけで来たいと思います。

 

そんな感じでAM9:00過ぎに出発!

 

スポンサードリンク


 

宮崎県日向へ

宮崎県へは昨日走って来た国道219号線(ダム湖沿いを走る山間部快走路)を走り、

高鍋IC~日向ICまで東九州自動車道を走るルートにしました。

 

それにしても山の上の方は凄い雲が掛かってる!

それにどんより曇り空。

なんかぽつぽつ降ってきてるし・・・。

この天気大丈夫?

 

天気が崩れそうな峠道の写真

ちなみにシートバックは重いのでホテルに置いてきました。

そのためレインコートも積んでおりません!(笑)

 

昨日同様、峠の方は寒いです。

冬の早朝の峠越えは絶対無理!

できるだけ峠も避けたいところです。

 

ところが、段々と雲の切れ目から陽の光が差し込んできた。

宮崎県へ入ると晴天に恵まれました!

 

県道313号線

杉安ダムを通り越してしばらく走り、国道219号線から県道313号線へ入ります。

 

のどかな農道沿いをのんびり走る。

牧場もあるのか?ほのかに鶏糞の匂いも漂っています。

のどかな九州の道の写真

ふと景色に目をやると、丸められた牧草の束が白いシートを着せられて置いてあるのが見える。

この畑では、牛が食べる牧草を栽培している様です。

遠くにはプロベラの羽を付けた柱が幾つも見える。

お茶も栽培している様ですね。

北海道の景色に似た場所の写真

一見、ここは北海道の景色にも似ている。

 

漂う鶏糞の匂いもそのまま!

遠くまで見える畑もそのまま!

ホント走っていて楽しくなる所です。

 

東九州自動車道

高鍋ICから東九州自動車道に入ります。

 

高速の入り口、料金所で鳥インフルエンザ対策の消毒マットが敷かれていました。

係員の人がマットの横で「スピード落とせぇ~」とジェスチャーで合図している。

 

今の消毒はこんな感じなのか?

消毒液をしゅませたマットの上を走り抜けるだけ。

 

ちょうど鳥インフルエンザが流行っていた時期だったので、

「バイクに消毒液まかれるんやろなぁ~」とか思っていました。

 

料金所を後にして本線に合流!

片側一車線の高速道路です。この日は70キロ規制でした。

 

高速から見える海が、陽の光をうけて輝いているのが見える。

これにのれば日向まで早い!

昔に比べると、この辺も交通の便が良くなりましたね。

 

願いが叶う「クルスの海」

日向に到着した時には、もう昼の12時半位でした。

拠点を熊本県多良木にしているので、あまりゆっくりしている時間が無い。

早速『クルスの海』を目指しました。

願いがかなうクルスの海の写真

若干道に迷ったりもしましたが、無事クルスの海に到着!

まず景色が綺麗!まさに絶景ですね!

 

ちょうど誰もいなくて私一人だったので、

クルスの海を貸し切り状態でした!

 

ここはどういった所かといいますと、

「ここへ訪れた者は願いが叶う」という言い伝えがあります。

 

それはなぜか?

上の写真と下の写真を見比べてくれれば分かります。

岩の形や配置の関係で『叶(かな(う))』という文字に見えるという事です。

ここへ訪れてお願い事をすると、願いが叶うという事です。

クルスの海 看板の写真

私もしっかりお願い事をしてきました。(笑)

 

『願いが叶うクルスの鐘』

クルスの鐘の写真

展望台のほぼ真ん中に、変わった形をしたモニュメントも設置されています。

 

長さの違う二つのモニュメントが二つ、重なり合う様に立っている。

「お互いの足りない所を補う合う様に!」という意味があるとか!

まるで夫婦や恋人を象徴している様にも見えますね!

大きい方には鐘が付いています。

 

『願いが叶うクルスの鐘』

このクルスの海を象徴するモニュメントだそうです。

心を静めて願いながら金を鳴らすと願いが叶うかもしれませんよ!

 

『願いが叶うクルスの海』に関しては

⇩ 下記記事で詳しくご紹介しています ⇩

【願いが叶うクルスの海 絶対行きたい宮崎県日向の絶景スポット】

 

 

馬ケ背

クルスの海からバイクですぐの所にある

馬ケ背です。

こちらも絶景が楽しめます。

 

下記写真の駐車場から約10分位歩いた所に馬ケ背展望台があります。

今回はそこからの絶景を楽しみました。

馬ケ背 売店の写真

 

こちらでは日本一の柱状岩を楽しむ事ができる。

海から押し寄せる波しぶきが、細い岩と岩の間を通ってぶち当たる瞬間は、

なかなか迫力のあるものでした。

馬ケ背の写真

 

下の動画は波しぶきが岩にぶち当たる光景を撮影したものです。

 

 

もう少しゆっくりしたかったのですが、

もう15時半を回っていたので、熊本に帰ることに。

 

暗くなる前に峠は越しておきたい。

真っ暗なダム湖沿いは走りたくありませんから^^;

 

ブルートレインたらぎ、本日は2階の個室寝台

どうにか暗くなる前にブルートレインたらぎに帰ってこれました。

身体もすっかり冷えています。

外の温度と車内の温度の差がかなりあるので、体調を崩さない様にしなくては!

 

長距離を走ってきて疲れました(良い疲れです^^)

 

本日お世話になる個室寝台はこちら!

B個室の2階部屋

B個室ソロ2階 窓側の写真

この車両が現役時代、がんばって寝台特急富士・はやぶさのチケットを取りました。

その時、帰りのチケットだけ個室を取る事ができたんです!

その個室がB個室の2階部屋!この個室です。

 

懐かしぃ~!!

私が乗車したのは2008年の秋。

それ以来ですね^^

B個室ソロ2階扉側の写真

今夜はそんな思い入れのある個室で、

ブルートレインたらぎ最後の夜を楽しむ事にしましょう!

 

早いもので、九州ツーリングも明日で最終日。

鹿児島の志布志から『さんふらわあ』で大阪に帰ります。

 

⇩ 次の記事へ続く ⇩

【九州バイクツーリング!冬の一人旅2016(フィナーレ編)】

 

スポンサードリンク


 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です