きさげ職人/職人ライダーヒロの楽しいツーリング日記

今年も来たぜ!ブルートレインたらぎ!2019年編

WRITER
 
ブルートレインたらぎ(夜)の写真
 
スポンサードリンク
 
スポンサードリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

塩湯で超お得な海鮮丼を頂いて身も心も満足。

お腹を満たした後は 夕日に照らし出されたシーサイドロードをのんびり走りたい!

ホントはそんな気分でした。

 

だけど 本日の宿泊先は熊本県にある “ブルートレインたらぎ” なので、これから220㌔の道のりをガッツリ走らないといけません。

暗くなるまでには着きたいので、頑張って走りたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

ブルートレインたらぎ 目指してひたすら突っ走る

塩湯の駐車場の写真

時刻はもうすぐ15時を回ろうとしてました。

冬って日が暮れるの早いから、のんびりしていると夜になってしまいます。

 

今いる所(大分県佐伯市)から ブルートレインたらぎがある熊本県多良木町までは

ざっと見積もっても220㌔の道のり。

 

スマホのGoogleさんに到着時間を聞いてみたら「だいたい3時間半位かかよ~」ってw

Googleさんで3時間半って事は 実際もっとかかかも。

休憩もするだろうし 道路状況も考慮しないといけない。

恐らく4時間半とか、下手したらそれ以上!

 

これはちょっとヤバイです。

街灯があったりして明るい所を走れるんだたら夜になっても大丈夫なんですが、

宮崎から熊本へ抜けるために 山岳地帯の峠道を走らないといけないんです。(しかもダム湖沿い)

ちなみにこんな道 ⇩

11.ダム湖にかかる橋の写真

“一ツ瀬ダム”のダム湖

めっちゃ綺麗ですよね!^^

青々としたダム湖にかかる吊り橋。 普通だったら絵になる一枚です。

だけど、写真の所は街灯も何もないので 夜になったら真っ暗。

この道を夜に走るっ! て想像してみて下さい・・・

ぞっ!としませんか?

 

なので出来るだけ暗くなる前に着いてしまいたいと言う訳です。

ちなみに今回走った ブルートレインたらぎまでのルート ⇩

 

佐伯ICから高鍋ICまで高速道路で移動。

高速降りてから峠道をふくむ一般道路でブルートレインたらぎへ。

 

とにかく走る!

国道217号線を走る写真

 

走る!

高速道路(佐伯付近)の写真

 

ちょっと休憩~♪

高速のサービスエリアで休憩中の写真

 

またまた走る!(ちょっと日が暮れてきた(汗))

高鍋ICで降りてからの写真

 

ついにダム湖が見えて来た!

国道219号線(薄暗いダム湖沿い)の写真

ライトの灯りが目立つ様になる。(ちょっと焦ってます。)

 

そして宮崎方面から上がって来て一番目のダムである杉安ダム。

09.杉安ダムの写真

ちなみに上の写真は以前来た時に撮影したものを流用してます。

薄暗ぁ~い先に見えた杉安ダムは非常に不気味だったので、カメラを向ける勇気がありませんでした(汗)

だけど放流してる所が見れたかな^^

上の写真が薄暗ぁ~い中にあるって想像してみて下さい^^;

 

この先にある一ツ瀬ダムという もっと大きいダムのダム湖沿いに差し掛かった時には、

すっかり真っ暗になってました。

ちょうど何回か見せてる写真の所⇩

11.ダム湖にかかる橋の写真

恐れていた事が現実になりました。

もうね、ライトの灯りが当たった周辺しか見えないんです。(当たり前w)

周りの真っ暗な山々が覆いかぶさってきそう~。

そんな気分になります。

 

怖くてダム湖に目を向けるなんて絶対に出来ません。(見てはいけないものが 見えてしまうかも(笑))

こんな真っ暗な山道をバイクで走るなんて滅多にないので、せっかくだからこの風景を写真に収める事にしました。

そう思ってヘルメットに付けているカメラ内蔵型インカム(セナ10C)のシャッターを押す。

 

だけど・・・

カメラが起動しないんです!

 

何故?

 

この世のものではない力が働いてる?

 

撮るな!って事?

 

 

・・・バッテリー残量が少なくなっているだけでした^^;

 

だけど こんな所で写真撮って、何か写ってはいけないものが写り込んでも困る。

撮らなくて正解だったと思います。

ちなみに以前同じ様な状況で撮影した写真がこちら⇩

阿蘇の真っ暗な山の中の写真

阿蘇の山ん中(国道265号線沿い)

上の写真は享年の九州ツーで撮影した写真で、ちょうど今回もこんな感じでした。

去年も同じ様な事してたんですね~  阿蘇の山の中で・・・

懲りないなぁ~

 

改めて思ったけど、暗くなってからの峠道って やっぱり危ない!

ライトつけても見える範囲が極端に狭いし、動物が飛び出してくる可能性だってある。

その分 昼間に比べると倍以上の神経を使うのでかなり疲労します。

見えてはいけないものを 見てしまうかもしれないしね!(笑)

 

ホント危ないんで、夜の峠道はできるだけ避けた方が無難です!

 

そんな思いしながら夜の峠道を走っていると、街に差し掛かった時の安ど感は半端なかった!

無事に事故もせず“ブルートレインたらぎ”までやって来れました~

暗闇に浮かび上がる“はやぶさ号”の写真

もうね、砂漠の真ん中でオアシス見つけた様な気分!

暗闇に浮かび上がる“はやぶさ号”が目に入った時は めっちゃ嬉しかった~

(大分県佐伯市からの所要時間:4時間30分)

 

今年もやって来た! ブルートレインたらぎ

今日は良く走ったな~相棒 お疲れさん^^

ブルートレインたらぎでの定位置の写真

CBR いつもの定位置へ

ホントはもっと早く着いて ブルートレインたらぎでゆっくりしたかったんだけど、

結局こんな時間になってしまった。

今度はもっとしっかり計画を立てようと心に決めるのでした!(多分すぐ忘れるw)

 

ほっとする瞬間^^(自然に笑みがこぼれる)

ブルートレインたらぎ2号車の写真

暖かい車内が心地いい~♪

 

現役で走ってた頃は良く乗ったなぁ~ 意味もなしにw

ブルートレインたらぎ(洗面所付近)の写真

ブルートレインたらぎ(扉付近)の写真

 

今夜の寝床

ブルートレインたらぎ(今日の寝床)の写真

今回は2階の部屋を予約しました。

ちなみに2階の方が荷物棚に荷物を置きやすいのでオススメです。

その代わり腰をかがめないで立てるのは階段の下の方だけになる。(デメリット)

 

部屋に入ってしばらくの間 放心状態。

耳の奥で きぃ~ん って音が鳴ってました。

 

暗い山道を走って来た疲れと、大好きなブルートレインの中にいる喜び。

色んな事が入り混じって凄く心地いい。

目をつぶって横になると そのまま眠ってしまいそう~^^

 

だけど 晩御飯も食べてないし風呂も入ってない。

このまま眠る訳にもいかないので、着替えて夜の多良木に繰り出すことにしました。

 

ちなみに “ブルートレインたらぎ” に関して詳しくは、下の記事でご紹介してますので

もし良かったら覗いてみて下さい⇩

 

一期一会の出会い! やっぱ九州って良いね~

夜の多良木の街の写真

まずは晩御飯だな!

そう思って多良木で行きつけの“えびすてい”へ行くことにしました。

 

you meマート 近くの えびすてい へ直行!

だけど何だか様子が変。

電気ついてないし ガラ~ん としている。

えびすていの写真

うゎ! 潰れてるやん!

さみしい~

 

聞いた話しによると、今から3カ月程前に潰れてしまったんだとか。

個人的に気に入ってて、ここに来るのも一つの楽しみだったんだけど ちょっと残念。

飲食店経営って色々難しいんでしょうね、きっと・・・。

 

だけど ご飯どうしよう?

そう思って回りを見渡してみると居酒屋が数件。

試しにそのうちの一軒へ入る事にしました。

鳥扇の写真

お店へ入ると如何にも常連さんが集う居酒屋って感じ。

温かな雰囲気の中で楽し気な会話が飛び交っていました。

私は一人だしカウンター席へ。

 

一人で飲むのも悪くないかな! そんな風に思っていると、間髪入れず隣りに座っている人が話しかけてきました。

「バイクですか?」

振り向くと 30代半ばから40代位の男性。

お店のオーナーに「〇〇君! 〇〇君!」って呼ばれてたから恐らく常連さんであろうと思われます。

 

冬のツーリングへ行く時は 特段ジャンパーとか持ってこないんで、

宿泊先で外うろつく時はライダースジャケットを羽織ってます。

だから“バイク乗り”ってすぐ分かるんですよね。

 

そこから色々話しこんで、他のお客さんとも話し込んで、お店の方々も巻き込んで

何か急に一人じゃなくなったなぁ~みたいなw

何気なしに入ったお店だったけど、めっちゃ楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

中でも「明日は阿久根のブルートレインを見に行く!」という話題で話していたら、

お店のオーナーがこれくれた⇩

あくねツーリングSTAYtionのステッカーの写真

あくねツーリングSTAYtion のステッカー!

うわっ!

やばい! やばい!

もう二度と手に入らんヤツやん!

 

明日行く予定の阿久根のブルートレインが、ライダーハウスとして営業していた頃の物。

NPO法人が運営してたんだけど、今は閉鎖状態なので

まぎれもなく もう二度と手に入らないプレミアムステッカーです!(好きな人には貴重品^^)

 

私があんまりにもテンション上げて喜ぶもんだから お店のオーナーも嬉しそう。

っていうかマジ嬉しかったです!

オーナーありがとう!

そして楽しい時間もありがとう^^

 

その帰りに寄った ふれあい交流センター(銭湯) “えびすの湯”

ここでも違った出会いが!

えびすの湯にいた面白い人達の写真

えびすの湯の休憩スペースで飲んでた人達。(多良木のバイク屋さんらしい)

ライダースジャケット着てたら また声かけられましたw

 

バイクってハマる人はハマるし、好きな人も多いから 何処行ってもバイク好きとはつながりやすい!

っていうか 九州ってやっぱり面白い!^^

ブルートレインたらぎ入口の写真

そんな感じでブルートレインがある、多良木での楽しい夜は更けていくのでした。

 

次の日はいよいよこの旅の最終目的地

“阿久根のブルートレインなは”の車両を見に行きます!

阿久根のブルートレインなはの写真

これまで何度か行こうと思ったのに、いつも直前で邪魔が入って行けなくなるという、

良く分からない負の連鎖に巻き込まれていました。

九州にあるうちに絶対見ておきたい!

・④・
 

この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

 

当ブログで使用中のWordPressテーマ

>>>販売ページを見てみる<<<

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2019 All Rights Reserved.