きさげ職人/職人ライダーヒロの楽しいツーリング日記

塩湯の海鮮丼がヤバ過ぎる! 値段も彩も最強レベル!

WRITER
 
塩湯の海鮮丼の写真
スポンサードリンク
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

国宝 臼杵石仏を良い感じに散策して、丁度お腹も空いてきたところ。

お昼何処にしようかなぁ~なんて思ってて、事前に調べていたのが

“塩湯”という天然海水風呂に入れる施設。(新鮮な海の幸も楽しめる!)

塩湯の看板の写真

臼杵石仏からだとバイクで約40くらいです。

 

温泉ではないんだけど、天然の海水を沸かしたお湯に入れるという珍しいお風呂屋さん。

お風呂だけじゃなしに 新鮮な海の幸も頂けるという事で今回立ち寄ってみる事にしました!

(ちなみに お風呂屋さんだけど今回は時間の都合で入ってません。目的はお昼ご飯!)

 

こちらで食べた海鮮丼。

値段もいろどりもヤバ過ぎです!

スポンサードリンク

 

塩湯の海鮮丼を食べてきた!このボリュームでこの値段は信じられない!

四浦半島を回って塩湯へ

国道217号線沿いの写真

潮風に吹かれながら国道沿いシーサイドロードを南下。

あと7分くらいで塩湯に着くよ~ って所まで来たんだけど、

少しお昼の混雑時間をずらしたかったのと もう少しシーサイドロードを走りたかったので

四浦半島を回って行く事にしました。

ルート的にこんな感じ ⇩

 

地図を見て上辺り(県道611号線)は やたらと細いくねくねした道が多い上に、

なかなか親切な道路標識もなくて 何度か道に迷う。

四浦半島(県道611号線沿い)の写真

正直 まっすぐ塩湯に行けば良かったと少し後悔しましたw(景色は良いです^^;)

だけど地図を見て下側の県道541号線沿いは走りやすくて絶景ロードでした!

四浦半島(県道541号線沿い)の写真

終わり良ければ全て良しってね!^^

 

四浦半島へ寄り道した事で、まっすぐ来るよりプラス40分かかって

だいたい14時前くらいに“塩湯”へ着きました。

塩湯の駐車場の写真

お昼時をずらしたかったので、丁度良い時間帯かな。

 

塩湯の海鮮丼を食べるよ~

塩湯店舗外観の写真

なんか良い雰囲気!

昭和時代の港町って感じですね~^^

オロナミンCの看板の写真

うわっ! 懐かし^^

ちょうど混雑時間をさけられたみたいで、ほとんど人は居ませんでした。(外は)

お店に入っても待ち時間なしでいけた!(時間もばっちり^^)

入って直ぐ水槽がある写真

入って直ぐに水槽がある

口コミとか見ていると、普段は結構待ち時間とかあるみたいです。

待つのが嫌な人はお昼時は避けた方が無難かもしれませんね。

塩湯お席に着いた写真

お席に着いてメニューを拝見。

写真とかなくて文字ばっかりのメニューだったので いまいちイメージが浮かばない。

メニュー先頭に書いてあった“1,200円の海鮮丼”が気になったので、どんな感じなのか聞いてみると

「エビとか魚とかの盛り合わせみたいな感じです」的な返答が帰ってきました。

まぁ~そんな感じやろな~とは思っていたのでそれを注文しました。

 

そして・・・

 

しばらくして運ばれてきた海鮮丼に度肝を抜かれる ⇩

塩湯の海鮮丼の写真

うわっ! これヤバ過ぎやろっ!!

彩も鮮やかで 見た目も美しい! 一言で言って海の宝石箱!

いかにもインスタ映えしそうな海鮮丼です。

正直どっから手を付けていいのか分からない。

一瞬 思考が止まりましたw

ウチワエビの写真

高級エビのウチワエビまで乗ってるやんw

上に乗ってる海の幸が多すぎて下のご飯が全く見えない。

1,200円でこのクオリティはヤバ過ぎる!

素直にそう思った。

ホント 産地ならではだから出来る事でしょうね。

 

プリっぷりの切り身が めちゃ旨!

青魚も入ってるけど 全く臭みがないのは新鮮な証拠。

私自身、基本的に青魚の刺身って苦手でなんです。

だけど、そんな私でもこれは全然食える!

食えるどころか めちゃ旨でした^^

塩湯の海鮮丼を半分食べた写真

半分食べてちょっと休憩~(刺身を噛み過ぎてアゴがだるくなってきたw)

ボリュームも半端ない!w

 

塩湯の海鮮丼(全体)の写真

味噌汁もついて彩も鮮やか

このボリュームで クオリティで 1,200円は安過ぎでしょう。

塩湯入らなくても、これは絶対食うべしです!

塩湯 基本情報

  • 【住所】大分県佐伯市上浦大字浅海井浦2920-3
  • 【電話】0972-27-8309
  • 【営業時間】(風呂)10:00~23:00/(食事)11:00~20:30
  • 【定休日】水曜日
  • 【駐車場】無料駐車場あり

いや~ホント旨い海鮮丼でした^^

これだけ旨い海の幸が楽しめるんだから、人気店になるのもうなずける。

家が近かったら 間違いなく通いたいお店です!

だって安くて旨い!

 

旨い物も食べられたし、今日はめっちゃ良い日!

それじゃぁ~次はブルートレインたらぎまで爆走しますか!

 

本日のお宿 ブルートレインたらぎ へ向けて

ブルートレインたらぎ(夜)の写真

時刻は15時を回ろうとしています。

ここから本日の宿であるブルートレインたらぎまで、実は結構な距離があるんですよね。(ざっと220㌔くらい)

早く着かないと暗くなってしまう。

街とか高速とか、街灯があって 明るいところを走れるんだったら夜になっても良いんですが、

実は国道219号線の峠道を超えなければならないんです(しかもダム湖沿い)⇩

11.ダム湖にかかる橋の写真

もちろん街灯はありません。(夜は真っ暗!(怖))

昼間は景色最高な道なんですけど、夜は絶対走りたくない!

 

とにかく とっとと行きましょう!

・③・
 

この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

 

当ブログで使用中のWordPressテーマ

>>>販売ページを見てみる<<<

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2019 All Rights Reserved.