きさげ職人/職人ライダーヒロの楽しいツーリング日記

満幸商店 へ超てんこ盛り「しらす丼」を食いに行く!冬の和歌山 加太へ極寒ツーリング!

WRITER
 
12.しらす丼の写真
 
スポンサードリンク
 
スポンサードリンク
 
この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!職人ライダーのヒロです。

 

先週、先々週に引き続き、今週も和歌山を目指して走ってきました。

気づけば3週連続の和歌山ツーリング!

大寒波到来でめちゃくちゃ寒いけど、この冬は何かバイクが楽しい!

冬季冬眠なんてしれられない位に(笑)

今回は和歌山県加太港までランチツーリングに行って来ました。(実は先々週も来ています)

お邪魔したお店は

“ 満幸商店(まんこうしょうてん) ” 

 

てんこ盛りの “ しらす丼 ” が食べられると聞いたので、今回行ってみる事にしました。

01.満幸商店(店外)の写真(2)

どんな『しらす丼』なのか気になりますよね?

では早速行ってみましょう!

 

スポンサードリンク

 

極寒の中、和歌山 加太港へ

先週末は暖かく、久しぶりのツーリング日和でした。

それに対し今週はというと、

またまた大寒波が日本列島を覆ってしまい、極寒の週末を向かえています。

 

冬にツーリングへ行く時は、路面凍結の恐れがあるため、

なるべく日中の、少し暖かくなった頃に走るのが理想的!

 

しかし毎週毎週寒い中バイクで走っていると、恐ろしもので段々慣れて来るんですよね~。

ちょっとだけもっと寒い中を走ってみたくなりました。

 

なので、

本日は早朝からの出発です!

02.加太港へ向けてスタートの写真

本日の大阪/和歌山の最低気温は

“ 氷点下1℃~0℃ ”

流石にめっちゃ寒い!!

 

路面凍結に気を付けながら街中を中心に走行!

加太港を目指しました。

03.加太港へ到着の写真

 

淡嶋神社境内にある『満幸商店』

04.加太 淡島神社の鳥居の写真

 

和歌山県加太にある “ 淡島神社 ”

人形供養の神社として有名で、全国から役目を終えた人形達がこの神社に奉納されてきます。

05.加太 淡島神社拝殿に祀られる人形の写真

 

今回お邪魔する『満幸商店』は、この神社へと続く参道途中にありました。

06.鳥居の向こうの満幸商店の写真

朱色の鳥居から境内を覗くと、漁港に良くある食堂・お土産物屋が3軒連なっている。

『満幸商店』はちょうど中央のお店です。

07.満幸商店(店外)の写真

人気店なだけに、普段は店の外まで行列が出来るほどなんだとか。

待ってもらうお客さんのために椅子も用意されてますね。

今日は午前中だという事と、極寒なのでそれほどでもない様です。

 

08.満幸商店店外水槽の写真

店外にはお土産物をはじめ、新鮮な魚介類が入った水槽が陳列されています。

鯛もいますね~。

っていうか、加太の漁港は真鯛がメイン!

年間を通して真鯛が吊れます。

 

自分の中では「満幸商店 = しらす丼」だったのですが、

実は “ 真鯛がメイン ” ! なんだそうです。

 

店内へ

09.満幸商店店内の写真

漁港に良くある昔ながらのお店で、木のぬくもりを感じます。

 

外が極寒なので、暖かな店内がめちゃくちゃほっこりする。

冬ならではの感覚ですよね~!

こういう感じ結構好きです!ここに来るまで寒かったけど・・・。

10.満幸商店店内の写真(2)

壁には芸能人のサイン色紙、直にもいっぱいサインしてありました。

芸能人も良く来るんでしょうね。

 

席数は、テーブル席を中心に約40席ほど。

まだ10時頃だというのに結構お客さんが入ってました。

さすが人気店です!

 

店のおばちゃんに案内されてお席の方へ。

「これヒザに掛けて!」と言われ、『ひざ掛け』を貸してくれました。

11.ゆたんぽ入りひざ掛けの写真

ひざ掛けの中央部分には、何かプニプニする物が入っている。

しかも暖かい!

何と『ゆたんぽ入りひざ掛け』でした!

 

ゆたんぽ入りなんて凄いですよね~!

こんなの初めて見た。

 

おばちゃん達の心遣いが暖かく感じます。

料理が旨いのはもちろん、

こういう細かい気配りがあるからこそ、人が集まって来るのかもしれませんね。

ほっこりする時間が店の中を流れていました。

 

「しらす丼」ノーマルサイズを注文

沢山あるメニューの中。

入店する前から決まっていた “ しらす丼 ” を注文!

  • ミニサイズ(400円)
  • ノーマルサイズ(800円)
  • ダブルサイズ(1,980円)
  • トリプル(3,980円)

サイズは4サイズ選べます。(価格は全て税抜き)

 

一人で食べるには『ダブル』『トリプル』は多過ぎて無理!

かと言って『ミニサイズ』だと普通。

 

ノーマルサイズが丁度いい感じです!

 

あと一緒に『わさびスープ』も注文したかったんですが、

「二人分くらいあるけど大丈夫?」って言われてちょっと心配になる。

考えた結果、今回は『しらす丼』だけにしました。

 

しばらくして、お待ちかねの『しらす丼』が運ばれてきました!

12.しらす丼の写真

凄いな~!

『まんが日本昔ばなし』のご飯みたい!(笑)

 

写真見てたら物凄い量に感じますが、

『しらす丼』が入っている器は、丼にしては少々小ぶりの物。

お茶碗より少し大きめの物が使われいます。(それでも「しらす」の量はハンパない!)

 

器のすり切り一杯まで御飯が入っていて、

その上に釜揚げされた『しらす』が「これでもか~!」と言わんばかりに乗っている!

まさに何処からハシを付けて良いやら悩む光景でした(笑)

 

いきなり御飯と一緒に食べようとすると『しらす』の山がボロボロ崩れてくる。

なので、上の方から順番に『しらす』だけを食べていく事にしました。

 

『しらす』だけで食べても、しっかり塩味が付いていてマジ旨い!

しかも柔らかい!

13.しらす丼の写真(2)

おばちゃんから「梅を潰して、少しずつ掛けて食べてね!」と説明を受けたのでその通りにします。

一緒に付いてくる醤油ベースのタレの事です。

 

それを少量掛けて食べると、

これまた風味が変わって旨い!

 

タレを掛ける前は塩味が効いていたのに、今度は甘く感じる。

少し『わさび』も入っている様で、ほのかに香る『わさび』の風味がまた良い感じでした。

14.しらす丼の写真(3)

これだけでもお腹いっぱいになります。

『しらす丼』だけでも最高の一品でした!

 

満幸商店 基本情報

基本情報
  • 【住所】〒640-0103 和歌山県和歌山市加太118(淡嶋神社境内)
  • 【電話】073-459-0328
  • 【営業時間】9:00~17:00
  • 【定休日】不定休
  • 【駐車場】専用駐車場あり(店の裏手)/周辺にも有料駐車場あり
  • 【Web】FacebookページTwitter

※詳しい『休日』『ホットな情報』はFacebookページTwitterをご確認下さい。

 

満幸商店 専用駐車場

少々駐車場の位置が分かりずらいと感じたので、細かい所を写真付きでご説明します。

 

『淡島神社』の鳥居前から左折し、細い道へ入る。

15.満幸商店 駐車場への説明写真

 

道沿いに進んで行くと満幸商店専用駐車場があります。

16.満幸商店 専用駐車場の写真

 

淡島神社鳥居周辺にも有料駐車所があります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

 

当ブログで使用中のWordPressテーマ

>>>販売ページを見てみる<<<

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2018 All Rights Reserved.