きさげ職人/職人ライダーヒロの楽しいツーリング日記

休憩処『育(はぐくむ)』 葛城一言主神社 参拝の後は是非立ち寄っておきたい古民家風カフェ

WRITER
 
22.休憩処『育』正面の写真
スポンサードリンク
スポンサードリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

どうも!職人ライダーのヒロです。

 

奈良県御所市には『葛城一言主神社』があります。

通称『一言さん』と呼ばれるその神社は、

「一言のお願い事なら聞いてくれる」と言われています。

 

境内には『乳イチョウ』と呼ばれる、樹齢1200年の大イチョウがある事で有名です。

01.乳イチョウの写真

今日は『一言さん』参拝の後「お茶でも飲んでほっこりしたい!」

でもこの辺りは自販機一つない。

 

そんな時に丁度良い休憩処をご紹介しましょう!

参拝後、直ぐほっこり出来るのでめっちゃ便利です。

 

スポンサードリンク

 

道沿いに一際眼立つ『ぜんざい』の立て札

02.休憩処『育』へと続く道の写真

境内へと続く石段の直ぐ脇は、山の方へ向かって続く細い上り坂。

その道沿いに目をやると、何やら手書きの立て札が・・・。

03.休憩処『育』立て札の写真

一際目立つ『ぜんざい』の文字。

 

どうやらこの先にカフェらしきものがある様子。

矢印が指す方向に目をやると、もうその地点から建屋が見えています。

 

どんな店なのか気になったので、近くまで行ってみる事にしました。

 

一見普通の古民家にしか見えない 休憩処 育

22.休憩処『育』正面の写真

おおっ!

良い感じの店ではないですか?

 

休憩処 はぐくむ

 

看板やその他の小物が置かれてなかったら普通の古民家ですね!

門に使われている木の状態からも、歴史ある家である事を感じさせてくれます。

 

それでは中へ入ってみましょう。

 

門から中へ

05.休憩処『育』門の前の写真

門の前へ立ち、いよいよ中へ入ります。

 

門には可愛い『ふくろう』の絵柄をあしらった『のれん』がかけられていますね~。

『ふくろう』だけに、家の入り口から『福』を呼び寄せる。

個人的に『ふくろう』好きです^^

 

その向こうには立派な日本庭園が見えます。

松の木がとても立派ですね!日本の家って感じがします。

06.松の木が立派だという写真

日本庭園の向こうには、生活感を感じさせる大きい家(母屋ですね)が建っています。

このお店の主人が生活されている家でしょう。

 

日本庭園を中央にして右側、こちらは『離れ』ですね。

こちらをお店として使われています。

07.離れの写真

今日はお店の方も含めて誰もいない様子。

辺りは「し~ん」として、小鳥の鳴き声だけが心地よく聞こえる。

 

誰もいないんですよ~・・・どうしよう~

 

どうしよう~って、店の人を呼ぶしかないんですけどね(笑)

 

「すいませ~ん!」って言おうとしたその時。

母屋の方から人影が見えて、私の存在に気付いてくれたみたいです。

 

中から物腰の柔らかい、優しそうな女将さんが笑顔で出迎えてくれました。

 

店内へ

08.休憩処『育』お座敷の様子の写真

畳の匂いが良い、何とも落ち着ける空間です。

とても静かで小鳥の声だけが聞こえてくる。

時折入る自然の風が心地よく、心身共にリラックスさせてくれます。

 

こんな所で「ごろぉ~ん」と寝転んだらめっちゃ気持ち良いでしょうね!^^

 

松と鶴をあしらった欄間らんま

部屋は二つに分かれていて、その境目にあたる頭上には

『松と鶴』をあしらった立派な欄間らんまありました。

09.欄間の写真

欄間らんまがある家も最近では少なくなってきましたね。

 

職人さんが丹精込めて彫り上げた欄間は、まさに芸術作品!

家の中にいながら芸術作品を鑑賞できるなんて素敵ですね!

 

テーブル席とお座敷の二部屋

■椅子があるテーブル席

10.テーブル席の写真

 

■お座敷席

11.お座敷席の写真

個人的に畳の上でくつろげる『お座敷席』の方がおすすめ!

誰もいなかったら「ごろぉ~ん」って出来ますよ(笑)

 

メニュー

12.メニューの写真

シンプルにドリンク類が主。

固形物は『ぜんざい』だけでした。

 

しかし表に『ソフトクリーム』ののぼりが出ていたので、それはあるかもしれませんね。

(すいません。未確認です(涙))

 

夏なので冷たい『ぜんざい』を頂きました

今回は『ぜんざい』をいただく事にしました。

『熱い』のと『冷たい』の、どちらか選ぶ事ができるので『冷たい』のを選択。

 

しばらくして『冷たいぜんざい』が運ばれてきました。

13.冷たいぜんざいの写真

『冷たいぜんざい』と『塩こぶ』のセットです。

 

甘い『ぜんざい』と塩辛い『塩こぶ』

甘さと塩辛さが一度に楽しめるのでお得ですね!

 

『ぜんざい』には一口大の白玉が4個入っていて、小豆を絡めて食べるとめっちゃ旨い!

14.白玉とぜんざいの写真

おもちとはまた違った弾力感。

白玉の歯ごたえがめっちゃ良い!

 

甘過ぎない程よい甘さのさっぱりとした『ぜんざい』でした。

■【ぜんざい】・・・450円

 

休憩処『育』基本情報


基本情報
  • 【住所】奈良県御所市森脇567-3
  • 【電話】0745-66-0204
  • 【営業時間】10:00 ~ 16:00(※だいたいこの時間)
  • 【定休日】月・火曜日

 

 

最後に

私事ですが、以前までこういうお店は少々敷居が高く、利用する事がありませんでした。

しかしある日思い切って入店して以来、

逆にこういう古民家風カフェのファンになってしましました。^^;

 

見るもの、感じる物の懐かしさ。

ゆっくりと流れる時間の中でほっこりできる一時。

バイクに乗れば乗るほど、好んで向かう様になりました。

 

今回ご紹介した『休憩処『育』』も、とてもほっこりできるお店ですよ!

『一言さん』参拝の際は是非お立ち寄り下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
きさげ職人でもあり、バイク乗りでもある職人ライダー。 きさげ加工という、工作機械製造において超重要な加工を施す職人である一方。 相棒のCBR1000RRやGTR125aeroと共に旅に出かけ、日本各地に点在する絶景スポットやグルメ情報などをブログを通じて発信するライター。 大好きな和歌山には良く出没する。
詳しいプロフィールはこちら

 

当ブログで使用中のWordPressテーマ

>>>販売ページを見てみる<<<

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 職人さんのツーリング日記 , 2017 All Rights Reserved.