せせらぎ街道から長野県へ抜ける! 盆休みに信州ツーリングへ行ってきた! 2018

せせらぎ街道看板とCBRの写真

スポンサードリンク


どうも!職人ライダーのヒロです。

 

2018年も早いもので、後半に差し掛かる8月をむかえ お盆の季節となりました。

連日続く猛暑の中いかがお過ごしでしょうか?

「暑いから家で過ごすよ~」って無理せず懸命な人もいるだろうし、

「暑くてもガンガン走るぜ~!」ってタフな人もいるでしょう。

私はというと、今年のお盆休みは 信州ツーリング へ行く事に決めました!(実はまだバイクで走った事がない)

 

バイク乗りの聖地 “ビーナスライン” もあるし、真夏はやっぱり避暑地を目指すのが一番!

一度走ってみたかったんですよね~ビーナス^^

標高が1500~2000m級の所が多いので、夏でもクーラーの中にいるみたいに涼しいんだとか。

雑誌や いろんな人が書いたブログとかを見ていると 道もめっちゃ走りやすそう~♪

高原地帯の所なんか まるで阿蘇を連想させる様な光景なんです!

 

こんなところ走ったら気持ち良くない訳がないですよね!^^

ってな感じで今年のお盆休みは 信州 へ向けて走る事にしました。

 

スポンサードリンク

 

ルートを決める

信州までどういうルートで行こうか?

ツーリングマップルやGoogleマップとにらめっこして模索してみた。

 

大阪から信州まで ずーっと高速道路で行くとすると、大体だけど4時間半~ って感じで行けるみたい(Googleマップ検索結果)。

休憩とかその他もろもろ入れても6時間もあれば多分 信州まで行けると思う。

でもずーっと高速ばっかりっていうのも面白くない(ただの移動って感じ)。 途中通過する 岐阜とかだと景色の良い所や快走路もあるわけだし、ちょっと面白い所を走らないと損です。

せっかくだから “せせらぎ街道” 走って 飛騨高山抜けて行った方が絶対面白いと思う(時間はめっちゃかかるけど)。

数年前の紅葉シーズンにせせらぎ街道走りに行きました。⇩

せせらぎ街道を走る!岐阜県飛騨高山 のんびりツーリング! 1日目

2015.11.10

一言で言うと、景色良くってめっちゃ走りやすい道!(⇦小学生レベルの回答w)

気づけばスピードが出てしまうって感じの道なんで、「この人 何キロで走ってんねん?」ってバイクも沢山いた(いっぱい抜かされたw)。

せせらぎ街道を経由したら信州までの道のりも十分楽しめそうですね!

なので今回は “せせらぎ街道” を経由するルートで行きたいと思います。

 

せせらぎ街道 から 飛騨高山 を超え 信州 へ

ニュースで言ってたんだけど、ちょうど本日からお盆休みの帰省ラッシュと重なるらしい(しかもピーク!)。

高速道路の大渋滞は絶対避けたいです!

だって 今時の真夏の暑さって異常じゃないですか? そんな状態で渋滞食らったらかなりの確率で熱中症になってしまいます。

なので 朝早くに出発して、午前8~9時頃までには岐阜の山岳地帯入りを目指して走る事にしました。

早朝の西名阪の写真

朝5時前の西名阪。

朝5時前に西名阪自動車道に入りました。

この時間帯だと まだ目立った渋滞もなく 涼しくて快適に走れる!

日の出を拝みながら走るのも綺麗だし、お盆休みロングツーリングのオープニングとして最高のシチュエーションでした。

そのまま名阪国道・東名阪と順調に乗り継いで、“御在所”のサービスエリアまでやってきました。

御在所の駐輪所の写真

まだ朝早いのでお店はみんな準備中。 トイレだけ済ませてこの先のルート確認します。

この先、名古屋に入ってからの分岐が ちょっとだけややこしいんですよね~。

分岐を間違えたら めちゃめちゃ面倒くさいので入念にチェックしました。

 

この先 名古屋高速に入ってから高速を降りる “一宮東” まで 若干の渋滞はあったものの、予定通り9時頃には岐阜の山岳地帯に入る事ができました!

国道156号線 山岳地帯の写真

高速降りてから山岳地帯へ入り “せせらぎ街道” を走る。

道沿いには名産品である明宝ハムの看板を良く見かけます。 それらを見ていると「せせらぎ街道に来たんやなぁ~」って感じになります^^ 明宝ハムも食べたくなるしね!w

ホントに明宝ハムが食べたくなったので “道の駅 明宝” へ立ち寄り、ちょっと早いお昼をいただく事にしました。

道の駅 明宝にとめたCBRの写真

時刻はまだ10時を少し回ったところ。

まだモーニングを食べる時間って言ってもおかしくない時間です。

 

でもこの先12時とかに何処かへ入ってお昼ご飯食べるにしても、何処もめっちゃ混んでくると思う。

なのでちょっと早いけど ここでお昼にします!(明宝ハムも食べたいし^^)

道の駅 明宝の施設の写真

施設内のレストランに入ると、“明宝ハムカツセット” という丁度よさげなセットメニューがありました。

なんでもTV番組 “秘密のケンミン SHOW” で紹介されたメニューなんだとか!

明宝ハムもしっかり食べられるし、他に何が良いのかも分からなかったのでそれを注文する事にしました。

明宝ハムカツセットの写真 明宝ハムカツセット(ドアノブ)の写真

やっぱ明宝ハムは旨い!(⇦めっちゃ簡単な感想w)

せせらぎ街道へ来たら絶対食べて帰りたいですよね! 明宝ハムは^^

って言うか 道沿いに看板いっぱい設置されてあるから “サブリミナル効果” (⇦あってる?) みたいな感じで、何回も目にするから食べたくなる・・・様な気がする。

フランクフルトの写真

フランクフルトも食べた^^

フランクフルトも食べて、胃の中では程よく潤滑油が回ってきました。 では出発する事にしましょう!

 

道の駅 明宝 から せせらぎ街道 を高山方面へ。 今まで走ってきた国道から県道73号線へ入ります。

今まで走って来た国道もこれから走る県道も同じ “せせらぎ街道” ですが、個人的にはここから先が好きです(特に理由はない)。

 

県道に入ってからしばらくの所に せせらぎ街道の看板 を発見! ここで看板と一緒に記念撮影する事にしました。

せせらぎ街道看板とCBRの写真(2) せせらぎ街道看板とCBRの写真

そういえば前回来た時もここで記念撮影していた様です。⇩

せせらぎ街道と看板の写真(2)

「せせらぎ街道の看板と一緒に写真撮影したい願望」っていうのもあるし、丁度バイクをとめやすそうなスペースもあるから 前回(約3年前)もここで撮影したんだと思います。

自分は恐らくこういう所を好むのかもしれません。 まぁ~どっちでも良い事なんですが・・・。

 

高山市街地を抜け 国道361号線へ。

国道361号線の写真

ここからは先、長野県までずーっと道沿いに行きます。

長野県へ近づくにつれて、やたらと蕎麦屋を見かける様になりました。

やたらと多い蕎麦屋の店の写真

やたらと蕎麦屋が多い

信州そばって有名だし、多分どの店で食べても旨いんやろうなぁ~。

何処かに入っても良かったんですけど、なんとなく蕎麦を食べるって気分でもなかったのでそのまま通過。

まぁ~帰るまでに一回は何処かに立ち寄ろう!(この時はそう思ってました)

何となく信州っぽい所の写真

何となく信州っぽい所に出た!

 

16時頃に予約していた宿に無事到着しました。

宿とCBRの写真

センダボはホテル入口の屋根がある所に駐輪させてもらいました!

今日は良く走った^^

 

最後に

大阪から ずっと高速道路で来ていたら 5~6時間前後 で来れるけど、

せせらぎ街道 走って飛騨高山経由で来たら 11時間 もかかってしまいました。

時間はかかったけど、岐阜の快走路走って来れて凄く楽しかった!

今日はここまでです。

明日 信州の快走路である “ビーナスライン” を走ります!

 

でもちょっと心配な事が・・・。

 

実は丁度この時 台風が二つやって来ていたんです。

一つは関東の方から北へ行って影響は無かったんですが、もう一つが沖縄の方を通過しているところでした。

その台風が湿った空気を運んで来てしまったので、全国的に大気の状態が不安定。

明日の午前中は晴れなんですが、午後から雨が降るって予報が出ていました。

 

今までずーっと晴天の日々が続いていたのに、何でこの日に限って・・・。

まぁ~自然が相手だから仕方がないんですけどね(笑)⇦笑うしかない^^;

ちょっと入念に明日の予定を組みたいと思います。

⇨ 次の記事へ続く

 

本日のルート

大阪から高速道路で移動。

西名阪~名阪国道(一般国道)~東名阪~名古屋第二環状~名古屋高速で最終『一宮東インター』まで高速道路で移動。

岐阜県に入り絶景快走路である “せせらぎ街道” を走り 高山を抜ける。

国道361号線で長野入り。

  • 本日の走行距離440㌔ / 走行時間 11時間

 

⇨ 次の記事へ続く

 



せせらぎ街道看板とCBRの写真

この記事が良いと思ったら シェアお願いします ⇩

2 件のコメント

  • 私もこのルート大好きですよ!
    気持ち良いですよね(^-^)
    この夏は野麦峠を越えたかったので別ルートになってしまいましたが、酷い雨でした(笑)

    • ブログ見て頂いてありがとうございます。
      ずーっと不安定な天気が続いていたので私も心配しながら走っていたのですが、運良く一度もレインコート着ずに走れました。^^
      山間部は天気変わりやすいですし豪雨の中大変でしたね(汗)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です